サラリーマン達のコンサルタント The Professional Salarymen

併せて転職16回。サラリーマン達のコンサルタントもしています!

会社が合わない!だったら先ずは、地力をつけなさい!-2

仕事が合わない、会社が合わない、スキルを磨きたい、キャリアを上げたい!

そんな貴方の強い味方

プロのサラリーマン育成所 所長の阿部です。

 

えー、世間一般は3連休ってことで、みなさんあまりブログ読んでる場合でもなさそう。

 

ってなことで、本日も転職失敗体験談はお休みしまーす。

 

っで、昨日の続きで

 

地力

 

のお話です。

ワタクシが考える地力とは、端的に言えば

 

どこの会社に行っても使える自分の武器の基本スキル

 

ですね。

常々言ってますが、

 

資本主義社会という戦場で戦い抜くには

 

スキルという武器を磨き上げ

 

キャリアという鎧を纏え

 

スキルという武器は磨いて使うことで初めて武器になります。

 

ですが

他の触媒がないと武器として使えない武器では戦えない

 

ということです。

他の触媒とは、例えば

 

ある特定のシステム

ある特定の人物のサポート

ある特定の商品

 

などなど。

具体的に言いますと、

 

ワタクシは長年、プロのサラリーマンとして経理屋というスキルを磨き続けて来ましたから、

 

数字は適当でも、見栄えの良い、バランスのとれた財務諸表を、真っ白な紙に何も見ずに書けます。

経理屋ならフツーのことです。

 

人事屋のスキルを持っている人なら、その分野にもよりますが、人事評価の仕組みを真っ白な紙に何も見ずに描ける

 

とか

 

法務屋なら、簡単な業務委託契約書を真っ白な紙に何も見ずに描ける

 

とか

 

営業屋なら、商品を見て特性を聞いただけで、その商品を売るストーリー作れる

 

とか。

地力とは

 

システムとかなくても、自分がいつでも使える武器、スキルの基本

 

です。

これを身につけずに、

 

この会社つまーんなーい

この仕事つまーんなーい

 

俺はもっと仕事出来るから、他のもっと給料良いところで働きたい

 

と転職すると

 

あれ?あれれ?

これって、なんでこうなるんだっけ?

 

前の会社ではポチッと押せば出て来たデータが、出てこない。

データの作り方がわからない

 

確かに、最近のシステムはよく出来てますよね。

とても便利です。

 

欲しいもの、纏めたいもの、などなどボタンをポチッと押すと、出来上がり

 

みたいな職場、多いですよね。

 

でも、それは貴方の武器じゃない。

貴方の会社の武器。

 

ひとたび会社を出れば、

 

その会社の武器は使えない。また新しい武器を渡させる

 

表向き似たような武器だけれど、使ってみると

 

出てくる玉が違う

射程も違う

装弾数も違う

 

などなど、違うことだらけ。

結局、使えるのは

 

自分が使い込み、磨き上げた自分の「地力」という武器だけ

 

ということを思い知ります。

 

地力がある人間は

 

システムが変わろうと、人が変わろうとビクともしない。

 

そもそも、

 

そんなもんなくたって仕事出来る。

 

でも、時間もかかるし、便利だから使ってるだけ。

 

ここまで地力を磨くのは大変ですよ。時間もかかるし、勉強もしなきゃいけない。

 

でも、だからそうやって身に付けた地力は

 

決して自分を裏切らない。

何処に行っても、何時でも自分を支えてくれる最良の武器になる。

 

そして、研ぎ続けることで、どんどん奥深くなり、引き出しも増えてくる

 

何処に行っても戦えるようになる

 

何時でも何処でも、同じパフォーマンスを発揮できる。

それがプロです。

 

会社が合わないと会社を疑うよりまず先に

自分を疑い、自分に地力があるのか、なければどうすれば良いか、を考えましょう。

 

もし、サラリーマン・OLとして迷ったら、悩んだら、ご相談ください。

coconala.com

 

 

以上、仕事が合わない、会社が合わない、スキルを磨きたい、キャリアを上げたい!

そんな貴方の強い味方

プロのサラリーマン育成所 所長の阿部でした!