サラリーマン達のコンサルタント The Professional Salarymen

併せて転職16回。サラリーマン達のコンサルタントもしています!

【緊急特番】日本版ホワイトカラーエグゼンプション 導入前夜

仕事が合わない、会社が合わない、スキルを磨きたい、キャリアを上げたい!

そんな貴方の強い味方

プロのサラリーマン育成所 所長の阿部です。

 

今日は、本日の日経本誌一面に掲載されていた

 

日本版ホワイトカラーエグゼンプション

 

とは何か?

また

導入されることで我々サラリーマンに及ぼす影響は?

 

などを緊急特番として書いていきたいと思います。

 

そもそも、

 

ホワイトカラーエグゼンプションってなに?

 

って話なんだと思うんですが、

もともとは、米国で産まれた雇用制度なんですね。

 

なんとなくのイメージですけど、米国の人たちって

 

残業はしない

自分が与えられた範囲の仕事はキッチリやる

週末はホームパーティー

 

みたいな勝手なイメージをワタクシはっ持っていたんですけど、これって

 

アメリカの一般労働者

 

に対するイメージなんですね。

米国の公正労働基準法によると、週40時間を超える労働時間(残業時間)に対しては

 

割増率50%以上の割増賃金を支払うことを雇用者に課しています。

 

50%以上って凄いですよね。

日本でも法改正がなされて、残業に対する割増賃金は段階的に25%、50%などとなっていますが、米国では随分と昔から残業してもらうと

 

いきなり50%!

 

だったわけです。

そりゃあ、雇用する側からみたら、残業しないで、さっさと帰ってもらって、作業効率上げてもらった方が良いですよね。

だから、

 

米国のサラリーマンは残業しない

 

というイメージがついてしまったのではないかと思うわけです。

 

ですが米国でも、みんながみんな週40時間の労働では対応できない社会、経済になって行くわけです。

そんな時に取り入れたのが

 

ホワイトカラーエグゼンプション

 

なんですね。

要はですね、

 

特定の職種に関して、結構カネをもらってるヤツは週40時間以上働いても割増残業代払わなくても良いよ

 

という規則を取り入れたんです。

この特定の職種の人が、ホワイトカラー(事務系の仕事をする人の総称です。現場で仕事をする人はブルーカラーと呼ばれています)が多いので、White-collar exemption (ホワイトカラーを除く)という属名が付いているようです。

 

結構カネもらってるヤツは

 

と書きましたが、法律で定めるホワイトカラーエグゼンプションの最低報酬はそれほど高くないんですね。対象職種であっても、教員や法律、医療関連職種の場合には報酬の定めはないようですが、

管理業務や裁量的事務業務など、仕事を任されて責任持って仕事する管理職系などでも

 

1週間の給与を約50,000円以上

年収では約250百万円以上

(現在のレートでザックリ計算です)

 

ぐらいです。

 

金払うからシコタマ働けや!

 

と言えるほどの高給取りじゃない人も結構いるんでしょうね

 

ホントにザックリとした説明しか出来なくて申し訳ないのですが、ワタクシの本業ではないので、ザックリでご容赦下さい。

 

さて、一方で日本においても似たようなホワイトカラーエグゼンプションを導入しようとずっと動いていたんですね。

 

背景としては、

労働時間に対する対価ではなく

労働成果に対する対価

という雇用スタイルを導入すべきだということのようです。

 

日本の場合には

 

年収1075万円以上

特定の職種

 

のサラリーマンが今回のホワイトカラーエグゼンプションの対象になり得るようですね。

 

前置きと説明が長くなりました。

 

さて、日本版ホワイトカラーエグゼンプションに対する私見ですが、

 

実際の労働者には関係ないかな

 

と感じています。

確かに、法整備は必要ですけど、日本には労基法違反の会社はゴマンとあるわけで、

 

今更、後付けで制度載せたって、既にシコタマ働いる人には関係ない

 

と思ってしまうのです

サラリーマンとして稼ぎたかったら、シコタマ働くというのもアリですし、時間に縛られない働き方はアリですね、ワタクシ的には。

 

実際、ベンチャーなどでは年収1000万くらいで残業代なしでシコタマ働いている人はザラです。

 

なので、実務的には変わらない

 

と思うのですが、我々サラリーマンの心境はまたちょっと別で、

 

本当は残業代請求できるのに、会社のために無償ご奉仕のオレ、ステキ

 

べんチャーだからしょーがないよねー

 

と感じてた部分は結構あったのですが、ホワイトカラーエグゼンプション導入されると

 

無制限に働かされてる!

クッソやん!

 

という心境になるかなー。

そういった意味では、一応の法整備必要なのかな。

 

どちらにしても、今のワタクシは完全に管理職で365日24時間勤務と変わらない(実際の労働時間ではないですよ。精神的な従属の問題です)のですが、

 

やっと日本も実態に制度が追いつきつつあるのかなー

 

と感じます。

 

なんか、纏まりのない話でスミマセン

 

現在、3件のご相談が同時進行中!

まだまだ出来ます!

coconala.com

 

 

 

以上、仕事が合わない、会社が合わない、スキルを磨きたい、キャリアを上げたい!

そんな貴方の強い味方

プロのサラリーマン育成所 所長の阿部でした!