サラリーマン達のコンサルタント The Professional Salarymen

サラリーマン・ウーマンの悩みや不安を解消するブログ

内定取るには、「自信」が必要?どういう意味?

随分と話が長くなってすみません。

 

昨日の話の続きですが、

 

あなたには

 

能力がある!

 

ということに、気づいてもらえましたか?

 

あなたには能力がある

 

ことに

 

気がついてもらう

 

ことが、

 

「あなた自身」の自信の第一歩

 

になり、

 

「あなた自身」に自信を持つことが

 

面接を通る第一歩

 

になります。

 

今日は、

 

「あなた自身」の自信をさらに深くお話しします。

 

サラリーマン・ウーマンの悩みや不安を解消する!

併せて転職16回。サラリーマン・ウーマン達のコンサルタント

The Professional Salarymen

略してプロサラの阿部です。

 

 

 

1. 職務経歴書とあなた自身の自信の関係

 

職務経歴書の書き方

 

でお話ししましたが、

 

職務経歴書は

 

あなたのプレゼン資料

 

なんですね。

 

そして、

 

そのプレゼン資料には

 

あなたが出来ることを書きなさい

 

と申し上げました。

 

ここで、問いましょう。

 

職務経歴書に書いた

あなたが出来ること

 

 

あなたの能力

 

の関係性に気がつきましたか?

 

そうです。

 

あなたが

 

職務経歴書に書いた

 

あなたが出来ること

 

それはすなわち、

 

あなたの能力

 

になるんです。

 

あなたには出来ることがあり、

 

その能力で、会社に利益を生むことが出来る!

 

しかも、

 

そのの能力は、ほかの誰でもない

 

あなたの能力なんです!

 

いかがでしょうか。

 

あなた自身のことを見直しましたか?

 

人によって、役割や仕事の内容は違います。

 

でも、

 

あなたには、あなたにしかない能力がある!

 

ということに気づいてもらえれば、

 

それが、

 

あなた自身の自信

 

になりませんか?

 

 

 

2. 面接の第一印象

 

10回の転職の中で100社以上の面接を受け、

 

事業会社で100人以上の面接をしてきた

 

ワタクシの経験から

 

自分に自信がなさそうな人は、採用されない、しない

 

え?

そうなの?

自信なくたって、仕事するよ?

 

あのですねー、

 

採用する側は、

 

 

職務経歴書っていう紙っきれと、

 

たかだか30分の面接で、

 

あなたを採用するか否かを判断しなきゃならない

 

そこに現れたのが、

 

仕事は色々出来ると書いてあるけど、

出来るかどうか自身なさそうな人

 

あなたが面接官だったら、採用しますか?

 

ワタクシはしません。

 

不思議なもので、

 

自分に自信を持っている

自分の能力に自覚がある

自分の出来ることに自覚がある

 

こうゆう人は、

 

面接で入室した時にわかります

 

自分が出来ることがわかっているから、

 

雰囲気、佇まい、目

 

などに

 

恐れや不安がない

 

んですね。

 

だって、

 

自分の引き出しの数も大きさも奥行きもわかってる

 

それ以上でもそれ以下でもない。

 

あとは面接で、

 

必要な引き出しを開けて

 

説明するだけ

 

何も臆することも、不安もない

 

それが、

 

自分に自信を持ててないと、

 

どの引き出しを開ければ良いか、

 

どう説明すれば良いか

 

不安で仕方ない

 

そういった方の佇まいは

 

すぐに面接官に見透かされてしまう

 

結果、

 

不安そうな人

自分の能力に自信がなさそうな人

 

は、

 

面接を通らない

 

 

3. さあ、あなたはどうしますか?

 

あなた自身に自信を持つ

 

ということに関して言えば、

 

あなたにしか出来ないこと

 

なんです。

 

ですから、ワタクシが

 

「自信を持て!」

 

と、いくら言ったところで、

 

あまり意味はない。

 

結局は

 

あなた自身が気がつくしかない

 

ワタクシはあなたに

 

気づいてもらう方法

 

をお教えしてる

 

に過ぎない。

 

もし、これでもまだ、

 

「あなた自身」に自信を持てない

 

なら...

 

何度でも、あなたが出来ることを棚卸しして、

 

あなたが出来ることをあなた自信が理解して、

 

あなたの自信を

 

一つづつ、少しづつ、

 

積み上げて下さい。

 

 

4. まとめ

 

話が長くなってしまいましたが、

 

あなた自身に自信を持つと、

 

雰囲気、佇まい

 

 

自信に満ち溢れたものに変わり、

 

あなたが出来ること、能力もあなた自身が把握してますから、

 

面接の時にも臆することがなくなります。

 

 

面接に「慣れ」て、

 

面接に臆することない「自信」

 

があれば、

 

面接通過率は確実にアップします。

 

 

それでも自信を持てないあなた。

下のプロサラ相談サイトからご相談下さい。

 

coconala.com

 

はてブもポチッとお願いします!

 

 

今日もお読み頂きありがとうございました!

 

以上、サラリーマン・ウーマンの悩みや不安を解消する!

併せて転職16回。サラリーマン・ウーマン達のコンサルタント

The Professional Salarymen

略してプロサラの阿部でした!