サラリーマン達のコンサルタント The Professional Salarymen

サラリーマン・ウーマンの悩みや不安を解消するブログ

全ての人に等しく、共通に与えられるものって、なんだかしってますか?

全ての人に等しく、共通に与えられるもの。

 

それは...

 

1日に24時間。

 

世の中には色々な人がいます。

 

お金持ちの人

貧乏な人

健常者

身体に障害がある方

高齢者

成人者

外国人

 

多種多様な人種、人格、環境の人間が存在し、この地球上で生きていますが、

 

万人に与えられるのは1日に24時間

 

話が大きくなりましたが、我々サラリーマンも

 

大企業でも中小企業でも、部長も平社員も、男も女も、みな共通に1日24時間を与えられます。

 

この1日24時間を、

 

24時間もあるのか!

24時間しかないのか!

 

と感じるかも人それぞれ。

 

大事なのは、

 

この1日24時間をどう使うか

 

それだけです。

 

今日は、

 

サラリーマン・ウーマンの我々にとっての1日24時間

 

に関してお話ししたいと思います。

 

サラリーマン・ウーマンの悩みや不安を解消する!

併せて転職16回。サラリーマン・ウーマン達のコンサルタント

The Professional Salarymen

略してプロサラの阿部です。

 

 

 

1. 1日は24時間しかない

 

あなたは1日24時間をどうやって過ごしてますか?

 

あなたは1日に24時間あることを、

24時間しかないと感じますか?

24時間もあると感じますか?

 

寝て過ごしても使えてしまうし、ぶっ続けて勉強しても使えてしまう、24時間。

 

時間なんて生きていればズッとある

 

という考え方もありますね。

 

確かに、

 

寿命によって生きている間に使える時間は人それぞれ異なる。

 

でもね、

 

それでもやっぱり、万人に共通に与えられるのは1日は24時間

 

そして、

 

今日は24時間、明日も24時間

 

でしかない。

 

寿命は

 

この与えられる1日24時間がいつまで続くか

 

ということであって、

 

1日24時間が永遠に続くということではない

 

だから、寿命は関係なく、

 

今日という日に、万人に共通に与えられた24時間をどう使うか

 

がとても重要だとワタクシは思っています。

 

2. サラリーマン・ウーマンにとっての1日24時間

 

サラリーマン・ウーマンとして1日24時間を考えると、大半を会社のために費やしていますが、

 

2つの大事なポイントがあります。

① 時間の使い方

② 24時間のうち何時間使うか

 

会社において、

 

何をして、どれくらいの時間を費やすか

 

が、

 

あなたのサラリーマン・ウーマン人生を左右する。

 

① 時間の使い方

会社のためにあなたが時間を使っている時、

 

周りの社員もライバル会社の社員も、同じように、あなたと同じ時間を会社のために使っています。

 

ある者は営業に行き売込み、交渉。

ある者は空いた時間にパチンコ。

ある者は業務効率化のプランを考え、

ある者はYahooニュースで芸能記事を眺める。

 

全ての人が使ってる時間は同じ。

 

でも、

 

使い方は全く違いますよね?

 

鈍行電車ではなく新幹線に乗ると、鈍行よりも高額の乗車賃を払います。鈍行だと6時間かかるところが新幹線だと2時間。新幹線代を払うことで4時間という自由に使うことの出来る時間を買ったとも言えます。

 

ただ、これは1日の時間を28時間にしたわけじゃない。あくまで1日24時間のうち、自由に出来る時間を買ったということです。

 

あえて鈍行に乗って

 

物思いに耽る4時間も

読書する4時間も

新幹線で早く着いて仕事する4時間も

観光する4時間も

 

全て同じ時間。

 

あなたは、会社で費やす時間をどのように使うべきか、考えたことはありますか?

 

② 24時間のうち、何時間を使うか

さっきも言った通り、1日24時間の大半を我々サラリーマンは会社のために使うわけですが、

 

会社のために1日24時間時間をフルに使う人、会社のために使う時間は10時間の人。

 

何に使っても時間は絶対に使います。

 

どんなにお金を積んでも、1日が25時間になるってことはない。

 

だからこそ、

 

あなたは、あなたの24時間のうち、会社に費やす時間を何時間にするか、あなた自身が決めなくてはなりません。

 

9時間は就業規則で拘束されるでしょう。

 

ですが、

 

それ以外の時間はあなたの自由ですよね?

 

その、あなたの自由な時間を

 

趣味のために使っても

婚活のために使っても

仕事のための勉強に使っても

 

もちろんあなたの自由。

 

大事なのは

 

あなたは何のためにあなたの時間を使っているのですか?

 

という目的意識。

 

あなたの時間の使い方が、

 

あなたの心の潤いなのか

家族や大切な人を守るためなのか

金を稼ぐためなのか

 

何なのか?

 

 

3. 忘れちゃいけない、ほかの人もみんな1日24時間持っている

 

現状に胡座をかくな!

 

というお話しをしましたが、

 

これもすなわち、

 

1日24時間の使い方を表しています

 

現状に胡座をかき、何もしない1日も、自分のため・会社のために何かに努力する1日も費やす時間は同じです。

 

そして、

 

あなたの隣の人も、ライバルも、

あなたの会社の社長も部下も、

あなたの愛する人も嫌う人も、

 

全ての人が1日24時間を持っている。

 

そして

 

あなたと同じ時間を、あなたとは違う使い方をしている

 

あらためて問います。

 

あなたは、1日24時間を

何に使いますか?

何のために使いますか?

 

あなたの未来、将来は、今日の1日24時間の延長線上にしかない

 

サラリーマン・ウーマンとして生きていく上で、非常に重要なファクターです。

 

たまに、あなたの時間の使い方も考えてみたり、見直してみると、良いと思いますよ!

 

GWも終わって、会社に行きたくない、つまらない、などなど気持ちが重い方もお話し伺います!

下のプロサラ相談サイトからご連絡下さい!

coconala.com

 

 

はてブもポチッとお願いします!

 

今日もお読み頂きありがとうございした!

 

以上、サラリーマン・ウーマンの悩みや不安を解消する!

併せて転職16回。サラリーマン・ウーマン達のコンサルタント

The Professional Salarymen

略してプロサラの阿部でした!