サラリーマン達のコンサルタント The Professional Salarymen

サラリーマン・ウーマンの悩みや不安を解消するブログ

うつ病による退職。ならないためにと、なった時の傷病手当金

うつ病。

 

ワタクシもサラリーマン人生の中で、同僚がうつ病を患って退職していくのを何度もみました。

 

ワタクシ自身、心療内科で

 

うつ病の一歩手前

 

と診断されたこともありました。

 

ワタクシはうつ病で退職にはならずに済みましたが、今日は、

 

うつ病にならない、うつ病になってしまった時の退職

 

に関してお話ししたいと思います。

 

サラリーマン・ウーマンの不安や悩みを解消する!

併せて転職16回。サラリーマン・ウーマン達のコンサルタント

The Professional Salarymen

略してプロサラの阿部です。

 

今日のニュースにありました。

 

headlines.yahoo.co.jp

 

 

 

 

1. うつ病にならないために

 

一番大事なのはコレですね。

 

会社で辛くて辛くて...会社に行きたくない、職場で話もしたくない人がいる...。

会社にいるだけで動悸でドキドキが止まらない...

 

そんな辛い状況を、上司や先輩に相談したら

 

「もう少し頑張れば大丈夫だよ」

 

「それは君のこうゆうところが悪いんだよ」

 

「頑張りが足りないんじゃないか」

 

「逃げちゃダメだよ」

 

....。

........。

 

みんなクソです。

 

いいですか。

うつ病にならないために、もっとも大事なことは

 

プロサラ転職格言 4番

 

転4. 逃げて良し

 

 

プロサラ転職格言 5番


転5. パワハラ、セクハラは耐えなくて良い

 

辛いのに、苦しいのに、今以上に耐えて、我慢して、どうするんですか?

 

もしかしたら、明るい未来があるのかもしれない。

 

でも、なかったら?

辿り着く前に、病気になってしまったら?

 

仕事をしたくても、仕事をしなきゃいけないのに、仕事が出来なくなってしまった人を見てきました。

話をしてきました。

 

批判はあるかもしれません。

ですが、それでも申し上げます。

 

辛かったら、キツかったら、逃げろ!

 

大丈夫。元気でいれば、なんとかなる!

 

 

2. うつ病で退職する事になった時の傷病手当金

 

それでも、うつ病になってしまって退職することになってしまったら。

 

ニュース記事を参考に気をつけて置かなくてはならないことがあります。

 

先ず最も大事なことは、

 

うつ病になった本人は、こんな細かいことを考えたり、気をつけたりする余裕はない!

友人、親、交際相手など周りの人が注意していかなくてはなりません!

 

それで、うつ病になってしまって退職を余儀なくされた時、最初に手を打つべきは、

 

生活費の確保

 

です。

 

うつ病は病気です。

病気で仕事が出来ないんですから、国から

 

傷病手当金

 

を受け取れます。

 

傷病手当金は現行給料の2/3が支給されます。

 

ここで気をつけなくてはならないのは、

 

最近、民間の保険屋が扱っている就業不能保険は、うつ病などの精神疾患は保険支給対象外のことが多い

 

ということ。

自分は民間の保険にも入っているからと思っていても、いざという時に支給されない可能性もあるので、内容を再度確認しておくなどの注意が必要です。

 

そして、会社退職後も継続して傷病手当金を受給するにあたって、注意しなければならないのが、

 

●資格喪失後の継続給付
(1)被保険者の資格を喪失した日の前日(退職日)までに、継続1年以上の被保険者期間がある。
※健康保険任意継続の被保険者期間を除く。

 

要は、転職してても構わないのですが、1年間無職期間なく会社員で居続けていなければなりません。

 

(2)資格喪失時に傷病手当金を受けているか、または受ける条件を満たしている。

 

退職までに「連続3日の休み+1日の休み」を最低満たさなくてはなりません。

 

(3)退職日に出勤しないこと。

 

これ、大事です。日本人は律儀なので、うつ病を患っていても、

 

退職日に会社にご挨拶に行かなくては

 

って思っちゃいますよね。

 

行かないで下さい。いや、

 

行っちゃダメです。

 

なぜなら、

 

退職後も傷病手当金をもらうためには、

 

退職日に労務不能である必要があるから

 

です。
退職日に出勤すると、その時点で、傷病手当金の受給が中断してしまうので、継続受給とはなりません。その結果、退職後は傷病手当金はもらえなくなります。

 

なので、どうしても退職日にご挨拶したければ、周りの人に代理で行って頂くとかにしましょう。

 

 

3. うつ病にならない方が良いに決まってる

 

上記はあくまで、なってしまった時の対処法です。

 

うつ病になったことがない方には、なかなかご理解頂けないとは思いますが、

 

うつ病なった方の中には、辛くて、苦しくて、命を断つ方までいらっしゃいます。

 

自分は大丈夫と思っていても、なってしまうのが「うつ病」です。

 

 

m.huffingtonpost.jp

 

参考にご一読下さい。

 

仕事が辛い、苦しい、会社がイヤ。誰にも相談出来ない...。

大丈夫です。いつでもご相談下さい。

 

coconala.com

 

今日もお読み頂きありがとうございました!

 

以上、サラリーマン・ウーマンの悩みや不安を解消する!

併せて転職16回。サラリーマン・ウーマン達のコンサルタント

The Professional Salarymen

略してプロサラの阿部でした!