サラリーマン達のコンサルタント The Professional Salarymen

サラリーマン・ウーマンの悩みや不安を解消するブログ

やりたい仕事を見つける、探す方法とは。 Yahooニュース

やりたい仕事がない、見つからない、という相談も多く頂きます。

 

そのようなサラリーマン・ウーマンの方々にプロサラでどのようなアドバイスをしているか、を今日はお話しさせて頂きます。

 

サラリーマン・ウーマンの悩みや不安を解消する!

合わせて転職16回。サラリーマン・ウーマン達のコンサルタント

The Professional Salarymen

略してプロサラの阿部です。

 

今日のYahooニュースにありました。

headlines.yahoo.co.jp

 

記事では自動車整備工の方が今の職場の人間関係が良くないという前提で、特にやりたい仕事とは感じないけれども、食品加工の会社に転職しようか悩んでいる。

 

という相談に対しての考え方、アドバイスをなさっています。

 

記事では具体的に探す方法までは触れてないので、プロサラの相談者さんに勧めている方法をあらためてお話しします。

 

 

 

 

 

1. やりたい仕事を探すには、まず自分の理想から

 

やりたい仕事がない、見つからない、って方はサラリーマン・ウーマンの方にも結構いらっしゃいます。

 

今の仕事は自分の本当にやりたい仕事じゃあない、

 

きっと他に自分の適職があるはずだ

 

と。

 

だけれども、いまいま考えても何が良いのかわからない。

 

そんな方々にお伝えしているのは、

 

まずは、自分の理想の将来を思い浮かべてもらいます。

 

例えば、

 

結婚して伴侶や子供と毎週末、公園に遊びにいく、でも良いし

 

バリバリ働いて、部下を10人束ねて、先頭きって仕事をしている、でも良いし

 

毎日18時ピンで退社して趣味の社交ダンスをしている、でも良い

 

プロサラ基本格言 10番

 

基10. 悩みがあるのは理想があるから

 

今の仕事が合わないと感じる、イヤだ、と悩んでいるのであれば、

 

その悩みが解消されている姿が貴方の理想の姿であることも多いです。

 

 

 

2. 自分が生きていく上で、仕事をしていく上での「軸」を認識する。

 

ミソは

 

「認識する」

 

という事です。

要は、サラリーマン・ウーマンであれば、

 

既に持っているものを、あらためて自分で理解して下さい

 

という事です。

 

でも、「軸」なんて考えた事ない、とお思いでしょう。

 

いえいえ、既にあるはずです。

 

生きていく、仕事をしていく上での「こだわり」や「譲れないこと」

 

が「軸」になると思いますよ。

ご自分のポリシーと言っても良いです。

 

ワタクシの場合の「軸」は

 

「誠実であること」

 

です。

ですから、自分が誠実でいられない会社にはいられないし、誠実でいられない仕事は出来ない。

 

なので、既にお持ちの「こだわり」や「ポリシー」をあらためて認識して下さい。

 

 

3. それでもやりたい仕事がわからない

 

ここまで来ますと、

 

自分の生きる・仕事をしていく「軸」に沿って、理想の将来を掴むために

 

今、なにをすべきか?

 

となります。

 

ここで、既に為すべき事ご自分の中で見つかり、それが仕事だった時は、それが貴方の「やりたい仕事」でしょう。

 

ですが、ここまではご自分の方向性を見つけた段階なので、何が自分のやりたい仕事なのかまでは行き着かない方も多いですね。

 

そんな方におススメしているのは、

 

具体的な業種と職種を書き出して想像すること

 

なんです。

 

「書き出す」という事が大事です。

 

業種・職種も頭の中の想像するだけでは、ボヤける可能性があります。

 

なので、

 

ノートの左ページに具体的な業種

ノートの右ページに具体的な職種

 

を書き出して、一つ一つ組み合わせて、

 

自分が仕事をしている姿、状況を想像してみて下さい。

 

想像する時に大事なことは、

 

① 自分の「軸」に沿って

② その業種・職種の仕事をしている姿、状況を想像して

③ 貴方の理想に近ずけているか、たどり着けているか

 

自分と向き合うのは、なかなかシンドイですし、時間もかかります。

が、一旦、一気にやって、また違う日にもやってみると良いかもしれません。

 

いつでもご相談下さい。

 

coconala.com

 

今日もお読み頂きありがとうございました!

 

以上、サラリーマン・ウーマンの悩みや不安を解消する!

転職回数合わせた16回。サラリーマン・ウーマン達のコンサルタント

The Professional Salarymen

略してプロサラの阿部でした!