サラリーマン達のコンサルタント The Professional Salarymen

サラリーマン・ウーマンの悩みや不安を解消するブログ

転職エージェントの使い方。絶対に伝えておくべきこと!

転職エージェントを使って転職したは良いが、居心地の悪い会社だった、ミスマッチだったってのは良くある話です。

 

転職エージェントを使った転職活動をする時に、転職エージェントに絶対に伝えておかなければならない事があります!

 

今日はそれをお伝えします。

 

サラリーマン・ウーマンの悩みや不安を解消する!

転職合わない16回。サラリーマン・ウーマン達のコンサルタント

The Professional Salarymen

略してプロサラの阿部です。

 

 

 

 

1. 転職エージェントから見た我々転職希望者とは

 

何度かお話していますが、転職エージェントにとって、我々、転職希望者は

 

商品に似た存在

 

です。

 

彼らは、我々転職希望者と求人会社をマッチングさせる事で、

 

求人会社から報酬を得ることがほとんどです。

 

その報酬は、我々転職希望者が転職した際の年収の25%〜35%。

 

ですから、転職エージェントは

 

良い商品が欲しい

売れる商品が欲しい

 

ハイスペックで、ハイクォリティの年収が高い人を売った方が、転職エージェントの稼ぎになります。

 

ですから、

 

我々自身が、転職エージェントにとって市場価値が高ければ、転職エージェントは我々転職希望者を良く扱ってくれます。

 

良く扱うとは、

 

  • 求人案件をどんどん紹介してくれる
  • 職務経歴書の細かいレビューをしてくれる
  • 我々の話を良く聞いてくれる
  • 知りたい情報を教えてくれる

 

などなど。

 

 

2. 転職エージェントの立ち位置

 

上述したように、転職エージェントは

 

求人会社から報酬を得ます。

 

ですから、ビジネスとしては

 

求人会社の利益になるように動く

 

ことになります。

 

しかし、我々転職希望者も前述した通り、

 

転職エージェントにとっては必要不可欠な商品

 

です。

 

売り物がなければ、商売にはなりません。ですから、市場価値によって、ある程度扱いは変わるかもしれませんが、

 

商品として大事に扱ってくれます。

 

そして、

 

転職エージェントは我々転職希望者を求人会社に売り込んで行ってくれるわけです。

 

我々転職希望者を売り込むためには、

 

我々のことを転職エージェントは良く知らなければなりません。

 

商品の特徴、スペック、強みなどを知らずに営業はかけられません。

 

ですから、転職エージェントは

 

我々のスペックや経験など、売り込むのに必要な情報は良く聞いてくれます。

 

ただ、我々は商品とはいえ、我々転職希望者の希望も聞いてくれます。

 

年収がいくら欲しいか

ポジションは

職制は

勤務地は

 

などなど。

 

転職エージェントは

 

我々転職希望者を売り込む際に必要なビジネスでの条件や我々の希望を聞いて上で、

 

金を払ってくれる求人会社とマッチングする

 

立ち位置だとワタクシは考えています。

 

 

3. 転職エージェントは企業と我々転職希望者の不足情報を補完してくれる

 

今日読んだYahooニュースに転職エージェントの方のお話が載ってまして、

 

“やはり一番効率のよい転職の仕方は、自分のことをよく知っているか、まあまあ知っている人が、同じ様によく知っているか、まあまあ知っている会社や人とマッチングしてくれる方法です(それを有料でやっているのが人材紹介会社です)。”

 

と仰ってました。

 

コレはその通りだと思います。

 

転職をする上で、もっとも警戒するべきは

 

転職したがミスマッチだった

 

ということを避けること。

そのためには、上述のように、

 

会社のことも転職者のことも良く知ってる方が両方にとって最良であるとマッチングしてくれるのが最もミスマッチを未然に防ぐ方法

 

だとワタクシも思います。

 

そういった意味で、転職エージェントは非常に有難いサービス・ビジネスであることは間違いありません。

 

しかし、危ういのは

 

そこそこ知っている状態でマッチングしてしまうこと

 

お互いのことを履歴書や職務経歴書、ホームページ等でしか知らない、企業と我々転職希望者。そんな何も知らない同士が、たかだか30分や1時間の面接でどこまでお互いを知れるか。

 

たかが知れてるんです。

 

そんな、お互いが全く知らない状況を、補完してくれるのが転職エージェントです。

 

ただ、上述した通り、彼らも商売です。我々を売り込むためには、売り込むための情報を優先的に欲します。

 

これは我々を売り込んでもらうためにも、必要不可欠な情報です。

 

ですが、

 

それじゃあ足りない。

 

 

4. 転職エージェントを使う時に、必ず伝えておくべきこと

 

では、転職エージェントを使う時に、不足している情報とは何か?

 

我々転職希望者が、許容出来ないこと

 

我々のビジネス上のスペックや希望する条件だけでは、ミスマッチは防ぎきれない

 

ミスマッチは、前向きな希望が満たされない時だけでなく、自分しか知り得ないような許容出来ないことがある時にも起こります。

 

例えば、

 

机はコンパートメントで隣と遮断されていて欲しい

 

とか

 

昼休み中は外出できなきゃイヤ(実際、ワタクシが転職した会社で昼休みも社から出ちゃダメって会社がありました)

 

とか

 

サービス残業はイヤ

 

とか

 

メールアドレスは一人一人に付与されなきゃイヤ

 

とか。

 

みなさん、普段気にしてないようなことが、転職先では普通になかったり、出来なかったりします。

 

ですから、転職エージェントにマッチングをお願いする時には、

 

まずは、自分が許容できないことを棚卸しして、

 

それを転職エージェントに伝えること

 

が必要だとプロサラでは考えています。

 

転職によるミスマッチは自分で防ぎましょう!

 

転職にお悩みの方もご相談下さい。

 

coconala.com

 

今日もお読み頂きありがとうございました!

 

以上、サラリーマン・ウーマンの悩みや不安を解消したい!

転職回数合わせて16回。サラリーマン・ウーマン達のコンサルタント

The Professional Salarymen

略してプロサラの阿部でした!