サラリーマン達のコンサルタント The Professional Salarymen

サラリーマン・ウーマンの悩みや不安を解消するブログ

転職の志望動機は転職動機。書き方と面接対策。

転職活動を始める、履歴書や職務経歴書を作る、面接を受ける、などの際に

 

志望動機の設定、書き方

 

に悩んでいる方々をお見受けします。

 

今日は

 

志望動機

 

に関して、転職回数10回の経験則からお話しします。

 

サラリーマン・ウーマンの悩みや不安を解消したい!

転職回数合わせて16回。サラリーマン・ウーマン達のコンサルタント

The Professional Salarymen

略してプロサラの阿部です。

 

 

 

1. そもそも、転職者にとって志望動機ってなんだ?

 

志望動機という言葉が良く使われるのが、

 

新卒の学生さんの就職活動の時

 

ですね。

 

新卒さんは、まだ社会経験はなく、仕事のスキルもキャリアも持ち合わせてません。

 

ですから、スキルやキャリアで差別化は出来ない。

 

そうなってくると、あらゆる手段で新卒さんが自分の企業にとって有用かを判断していきます。

 

その一つが、新卒さんにとっては志望動機

 

であるとワタクシは考えています。

 

では、すでに社会に出て、仕事の経験もあり、スキルやキャリアを持ち合わせている我々

 

転職者にとって志望動機とは何か?

 

ワタクシが考える志望動機とは

 

志望動機 = 転職動機

 

です。

 

 

2. 転職者にとって、志望動機とは転職動機

 

なぜ、貴方は転職するのですか?したいのですか?

 

理由は人それぞれです。

  • もっとワークライフバランスを取りたい
  • もっと給料上げたい
  • もっとやりがいを感じられる仕事がしたい
  • 人間関係が悪くないところで働きたい

 

皆さん、夢や理想を持って転職をお決めになるのだと思います。

 

そして、

 

転職を決めた動機を満たしてくれる会社を探しますよね。

 

これ、志望動機です。

 

ですから、転職者にとっては

 

転職動機が志望動機になるはず

 

です。

 

 

3. 具体的な志望動機の書き方

 

大きく二つに別れます。

 

1. 転職エージェントやWeb媒体など、同じ履歴書、職務経歴書を多数の会社に見てもらうケース

 

この場合、沢山の企業が見ることを前提に書かれた履歴書であり職務経歴書ですから、

 

個別の会社に対する志望動機・転職動機は書きようがない。

 

なので、

 

履歴書には転職動機は書く必要はない。

 

職務経歴書には仕事・業務でやりたい、やってみたい転職動機があるならば書くけれども、仕事・業務以外が本当の転職動機であるならば書かない。書くとしたら、「今までの知識と経験を活かした仕事がしたい」

 

その程度です。

 

ここまで書いてお解り頂けると思いますが、

 

転職の場合、求められるのは、志望動機・転職動機よりも、転職希望者が何が出来るか、どんな貢献をしてくれるか

 

です。

 

ですから、志望動機・転職動機は関係ないっちゃー、関係ない。

 

 

2. ハローワークや紙媒体を通じで応募する際に個別に履歴書や職務経歴書を送る場合

 

この場合、個別の理由を書くことも出来ます。

 

ですから、

 

個別に理由がある場合には書く。なければ、やはり書かなくても良いし、書いたとしても「今までの知識と経験を活かした仕事がしたい」程度です。

 

 

4. 面接で志望動機・転職動機を聞かれた時

 

面接では、志望動機・転職動機を聞かれることは多いでしょう。

 

ですから、

 

面接までにはホームページや求人案内をよく見て、企業研究をする

 

企業研究した中で、その会社で何をしたいか、何が出来るのかを纏めておく

 

ことが大事です。

 

面接で、

 

なぜ、当社に転職したいのですか?

 

と聞かれて、

 

給料高いからです

 

とか

 

17時ピンで帰れるから

 

とか

 

仕事・業務以外の動機であるならば、正直に言うことはおススメしません。

 

企業側も転職者に対してはそこまで熱い志望動機・転職動機は求めていないですし、それぞれの転職者がそれぞれの理由を持っていることは分かってます。

 

 

転職で迷ってる方もご相談下さい。

 

coconala.com

 

今日もお読み頂きありがとうございました!

 

以上、サラリーマン・ウーマンの悩みや不安を解消する!

転職回数合わせて16回。サラリーマン・ウーマン達のコンサルタント

The Professional Salarymen

略してプロサラの阿部でした!