サラリーマン達のコンサルタント The Professional Salarymen

サラリーマン・ウーマンの悩みや不安を解消するブログ

職場の人間関係。悩んだ時の対応方法と対策

サラリーマン・ウーマンの悩みや不安で、必ず出てくる

 

職場の人間関係

 

今日は、職場の人間関係が辛い時、苦しい時、どうすべきかを、プロサラの視点でお伝えします。

 

サラリーマン・ウーマンの悩みや不安を解消する!

転職回数合わせて16回、サラリーマン・ウーマン達のコンサルタント

The Professional Salarymen

略してプロサラの阿部です。

 

 

 

1. 職場の人間関係のタイプ

 

一口で、職場の人間関係といっても、会社には多くの人が一緒に働いています。

どのような人間関係が職場では構築されているのか、先ずは整理してみましょう。

 

先ず、職制です。自分を中心として考えた時、会社中には、

 

上司、同僚、部下

 

の3つの職制が存在します。

 

次に、年齢です。年齢も自分を中心に考えた時に、

 

先輩、同期、後輩

 

の3つの大きなくくりの人間関係が構築されます。

 

そして、性別ですね。男と女です。

 

男対男、女対女、男対女

 

の3つの関係が存在します。

 

会社では、このようなタイプ別の人間関係が複雑に入り組んでいます。

 

タイプは3×3×2に別けられるので、全部で18パターンあることになります。

 

  • 年配の男性の上司との関係
  • 年配の男性の同僚との関係
  • 年配の男性の部下との関係
  • 年配の女性の上司との関係
  • 年配の女性の同僚との関係
  • 年配の女性の部下との関係
  • 同期の男性の上司との関係
  • 同期の男性の同僚との関係
  • 同期の男性の部下との関係
  • 同期の女性の上司との関係
  • 同期の女性の同僚との関係
  • 同期の女性の部下との関係
  • 後輩の男性の上司との関係
  • 後輩の男性の同僚との関係
  • 後輩の男性の部下との関係
  • 後輩の女性の上司との関係
  • 後輩の女性の同僚との関係
  • 後輩の女性の部下との関係

 

職場の人間関係は、上記のいづれかのパターンに当てはまると思います。

 

考えただけでメンドクサイ関係ですね(笑)

 

 

2. 職場の人間関係に万能薬はない

 

上述した通り、職場の人間関係は単純にパターンかしただけでも18通りあります。

 

厄介なことに、パターンだけでも18通りもある人間関係に、

 

個性・性格

 

が絡んで来ます。

 

しかも、

 

相手の個性・性格だけでなく、自分の個性・性格

 

も絡んで来るわけです。

 

上記の18パターンに相手の個性・性格、自分の個性・性格を掛け合わせると、結果どうなるか。

 

人間関係関係のパターンんは無限大

 

になってしまいます。

 

ですから、

 

全ての職場の人間関係を円滑にする万能薬、方法はないであろうとワタクシは考えています。

 

 

3. 割り切ることも対応法の一つ

 

全ての人と職場で良好な関係を築くのが困難であるならば、どうすれば良いのさ。

 

ワタクシ自身、営業の仕事をしている時に課長に言われました。

 

「アベー。全てのお客さんに好かれるなんて到底不可能なんだよ。
でもなー、オレ達は営業だからよー、好き嫌いで切られるわけにはいかないだろ。
だからなー、そんな時は、最悪でも現状維持して切られないことに徹するんだよー」

 

これは営業とお客さんの関係の話ではありますが、職場の人間関係においても、

 

ある程度、割り切ってしまうのも一つの対応方法

 

であると考えています。

 

パターン毎に異なる対応、想い。そこにお互いの個性が入れば、職場において良好な人間関係を築くのが困難な時もあります。

 

もし、その方との職場での人間関係が業務上差し障りない程度の関係で良いのであれば、

 

まあ、いいか

 

でも、良いと思うのです。

 

4. 人間関係構築も本業をスムーズに行うための一つのツール

 

考え方としては、

 

なぜ、職場で良好な人間関係を構築しなくてはならいのか?

 

というところに行き着きます。

 

その方との職場での人間関係構築に力を注ぐあまり、本業が疎かになってしまってもいけません。

 

あくまで、職場での人間関係は

 

本業をスムーズに行うための一つのツール

 

と考えても良いと思います。

 

ですから、

 

職場での良好な人間関係を構築することが本業を営む上で必要不可欠なのであれば、

 

職場での良好な人間関係を構築することも仕事の一つとして、一つの個人的なプロジェクトとして、対応していく

 

こと必要になってきます。

 

その際は、

 

上記のパターン+個性・性格

 

に合わせて対応戦略を練って行きます。

ただ、上述したように万能策ないので、

 

個々に合わせた対応策が必要です。

 

 

5. それでもダメな時

 

割り切ることも出来ず、対策を練って対応しても拉致があかない。

もう、精神的にもイッパイイッパイ。

そうなったら

 

転職も視野に入れます。

 

ただし、次の会社では次の会社なりの職場の人間関係があります。

 

しかも、一から構築しなくてはなりません。

 

その覚悟は必要です。

 

ただ、心が病みそうであれば待った無し!

 

配置換えでも転職でも良い。その人間関係を断ち切ることをオススメします。

 

職場の人間関係でお悩みの方も、下記のバナーからご相談下さい。

 

coconala.com

 

 

今日もお読み頂きありがとうございました!

 

以上、サラリーマン・ウーマンの悩みや不安を解消する。

転職併せて16回。サラリーマン・ウーマン達のコンサルタント

The Professional Salarymen

略してプロサラの阿部でした!