サラリーマン達のコンサルタント The Professional Salarymen

サラリーマン・ウーマンの悩みや不安を解消するブログ

仕事にやりがいを感じる、感じてもらえる簡単な方法

仕事に対して、どんなやりがいを感じるのか人それぞれですね。

また、部下さんにやりがいを感じてもらうというのは、とても難しい。

 

プロサラとしてそんなお悩みの方たちにお伝えしている方法があります。

 

サラリーマン・ウーマンの悩みや不安を解消する!

転職回数合わせて16回、サラリーマン・ウーマン達のコンサルタント

The Professional Salarymen

略してプロサラの阿部です。

 

今日のYahooニュースにこのような記事がありました。

 

headlines.yahoo.co.jp

 

プロサラでも同じような格言を持っています。

 

プロサラ基本格言 12番

 

基12. 自分で自分を褒めろ!そして他人も褒めろ!

 

詳しくお話ししましょう。

 

 

 

1. 仕事にやりがいを感じてもらうために、まず、些細なことでも人を褒める習慣をつけましょう

 

記事でも仰ってますが、部下さんなどに仕事に対してのモチベーションを維持してもらったり、仕事にやりがいを感じてもらう方法はいくつかあります。

 

例えば

  • 給料アップ
  • 賞与アップ
  • 昇格人事

 

などがよく使われる手法ですね。

それよろももっと効率的でかつ、簡単な方法。それが、

 

褒める

 

です。

 

日本人って、人を褒めるということをあまりしない文化なんですよね。

 

振り返ってみて、先週、誰かを褒めました?

 

日本人は

 

頑張れ!

(プロサラでは頑張れは使いませんが)

 

とはよく言います。

でも、頑張った後に、

 

良くやった!

 

とか

 

ありがとう!

 

とか

 

すごじゃいないか!

 

とか、褒めてますか?

 

自分に置き換えた時、褒められたら、一層仕事にやりがいを感じませんか?やる気が出てきませんか?

 

人間、誰しも

 

褒められれば嬉しい

 

ものです。

それが、些細なことであっても、例えば、

 

今日も机を拭いてくれてありがとう

 

とか

 

来客時のお茶、ありがとう

 

とか、そういったことでも褒められると人は嬉しくて、どんどん仕事にやりがいを感じるようになって、

 

よし、次もやってみよう!

 

となると思うんですね。

 

日本人の気質から、人を褒めるのは気恥ずかしいと感じるかもしれません。

 

ですが、

 

些細な感情を伝えることに気恥ずかしさを感じる必要なんてない

 

と思うんですよ。

 

有難いとか、素晴らしいと感じたら、素直に

 

ありがとう

 

が言えれば、それだけでも結構、部下さんはやりがいを感じてくれるでしょうし、モチベーションも上がると思いますよ。

 

 

2. 褒めることの弊害

 

褒めることによって、何か弊害があるか考えてみました。

 

....。

........。

 

弊害なし!

 

人を褒めるのには、お金も掛からない、手間も要らない。

 

ただ、感謝の気持ちを伝えるだけ、賞賛する気持ちを伝えるだけで

 

仕事にやりがいを感じてもらえる、モチベーションも上げられるとても簡単な手法

 

だと思うんですね。

 

しかも、弊害どころか

 

コミュニケーションもスムーズになるでしょう。

 

是非、部下さんだけでなく、気がついたら周りの人を褒めてあげて下さい。

 

上司でも、同僚でも。褒められて悪い気がする人はいません。

 

それで全社的に、やる気に満ち溢れ、活力がある職場になれば、一層、みんな仕事にやりがいを感じる事が出来るようになるでしょう。

 

3. 大事なのは続ける事

 

褒めるということは習慣化して、続けていく事が大事です。

 

努力すれば、〇〇さんはいつも褒めてくれる。

 

こういった心理も仕事にやりがいを感じてもらう一つの要因です。

 

たまに、気が向いた時だけ褒めても、

 

褒めれて嬉しいけど、普段は褒めないのに、なんか裏がある?

 

と勘ぐられても良くありません。

 

ですから、普段から何気ないことでも褒める習慣をつける事が、仕事にやりがいを感じてもらえることにつながっていくんだと思うんですね。

 

4. そして、自分で自分も褒めましょう

 

前述しましたが、日本人って褒めないじゃないですか。

 

っで、自分自身が仕事にやりがいを感じられなかったり?モチベーション落ちた時には...

 

自分で自分を褒めてあげて下さい!

 

自分で自分に「頑張れ、オレ!」

 

というのは、おススメしません。

自分で自分にプレッシャーを掛けるのって、自分を追い込み行為だと思うんですね。

 

自分で自分を追い込んで、心が病んでいく人を多く見てきました。

 

ですから、

 

追い込むんではなく、褒めてあげる

 

これは、人に対しても、自分に対しても、同じだと思うんです。

 

自分で自分を褒めるのも些細なことでも良いんです。

 

今日も、クソのような満員電車なのに良く、出勤した!

 

とか

 

馬車馬のように働いたのに、帰ってきてまでレンチンでご飯仕込んでるなんて、なんて効率的!素晴らしい!

 

とか。

 

仕事でなら尚更、

 

こんな厄介な仕事をやってのけるなんて、さすがオレ!

 

とか

 

誰も見てないところで、こんなこともやってしまった。すごいぞ、オレ!

 

仕事にやりがいを感じられなくなったり、モチベーションが低下した時とかは、特に効果的です。

 

これも、継続していくことで、仕事にやりがいを感じ続け、モチベーションの維持にもつながります。

 

ワタクシ、結構やってます(笑)。

部下さんに

 

「出た、阿部さんの自画自賛」

 

とよく言われてました。

 

「だって、誰も褒めてくれないじゃん」

 

が定番のやり取りでした。

すみません。余談です。

 

人も自分も褒めるということは、仕事にやりがいを感じる、感じてもらうことや、モチベーションの維持、円滑なコミュニケーションなど様々な効果を出すと思います。

 

是非、やってみてください。

 

仕事にやりがいを感じられないサラリーマン・ウーマンは下記よりご相談受けてます。

 

coconala.com

 

今日もお読み頂きありがとうございました!

 

サラリーマン・ウーマンの悩みや不安を解消する!

転職回数合わせて16回、サラリーマン・ウーマン達のコンサルタント

The Professional Salarymen

略してプロサラの阿部でした!