サラリーマン達のコンサルタント The Professional Salarymen

サラリーマン・ウーマンの悩みや不安を解消するブログ

ベンチャー企業への転職。そのメリットデメリットを経験からお伝えします。

ベンチャー企業へ転職するということは、どういうことなのか。

どんなメリット、デメリットがあるのか。

転職10回、就業社数10社の経験の中からプロサラの阿部がお伝えします。

 

サラリーマン・ウーマンの悩みや不安を解消する!

転職回数合わせて16回、サラリーマン・ウーマン達のコンサルタント

The Professional Salarymen

略してプロサラの阿部です。

今日のYahooニュースにこんなのがありました。

 

headlines.yahoo.co.jp

 

記事では、ベンチャー企業や中小企業の採用難に対する対応策や経営方針に関するアドバイスなどが書かれています。

 

では、我々サラリーマン・ウーマンがベンチャー企業に転職する際のメリットやデメリットは何か?

どんなことに注意すべきか?

 

などを経験則の中からお話ししていきます。

 

 

 

 

1. ベンチャー企業とは?

 

まずはベンチャー企業とはどんな企業のことなのか、Google先生に聞いてみると

 

ベンチャー企業とは

大企業なら手を出したがらないような冒険的・野心的な事業を行なっている企業

 

なるほど。確かにそうだわ。

ワタクシは10社の就業経験の中で、ベンチャーと呼ばれる会社では3社で就業しておりました。

 

介護ベンチャー

バイオベンチャー

エネルギーベンチャー

 

介護は今では大企業も乗り出してますが、当時はまだベンチャーが色々出てきてた時代でした。

 

 

 2. ベンチャー企業に転職するメリット

 

では、ベンチャー企業に転職するメリットとはなんでしょうか。

 

1. 仕事の範囲が広い

例えば、経理職でベンチャー企業に転職した場合、会社の規模にもよりますが、社員数が少ないベンチャー企業が多いですね。そんな時、経理職入社したからといって、経理だけをやってられない。人がいないので、総務や人事の仕事にも絡んだり、営業会議にも出席したりと、非常に幅広く仕事をこなしていくことが多いでしょう。

 

2. 深く仕事が出来る

じゃあ、広い仕事だから自分の職経験が浅くなるかといえば全く逆で、より、専門的で深い知識と経験が要求されます。

ベンチャー企業は小さく、ネームバリューもない中で、大企業や有名企業と戦ったり、社会に出て行かねばなりません。

ベンチャー企業だから出来ない、わからないでは勝てない。

ですから、ベンチャー企業の社員も深い知識と経験が要求されます。

 

3. スピードが早い

上述した通り、ベンチャー企業は少人数、小規模でも大会社と戦い、世に出て行かなければなりません。一日決定が遅れれば

それだけでビジネスチャンスを失いかねない。

ですからベンチャー企業は即断即決。

そして決めたらすぐやる。

これが基本です。

 

4. 個人の裁量が大きい

人が少ない、即断即決。ですから、自分で決断しなければならない事も増えてきます。

ベンチャー企業では基本

 

走りながら考える

 

上司や社長の判断を仰ぐべきか、今、自分が決断することが会社の利か。

それも自分で決断しなくてはならない状況になったりします。

 

5. 経営層に近い

良くも悪くも人が少なく、直属の上司が役員なんてことは良くある事です。

役員の意思=経営

ですから、会社の方向性が良く見えます。

社長に直接呼ばれて指示を受ける事も良くある事です。

社長の考え方や経営に近いところで仕事が出来ます。

 

6. 会社が成長すれば、出世も早いし、昇給も早い

アーリーステージのベンチャー企業に入れば、本当に人がおらず、社長入れても5人とか10人とかのベンチャーはザラにあります。

ですから、会社が成長して売り上げも大きくなれば、短期間で課長、部長になる事もザラです。もちろん、利益が大きくなれば、給料も格段に上がっていく事もあります。

 

7.  ベンチャー企業に転職するメリットまとめ

上述した通り、広く、深く、早く仕事を求められるベンチャー企業。

スキルを磨いたり、キャリアを上げるには非常に良い環境に成り得ます。

大企業では若いうちは給料が安いですが、若くして良い給料を求めるならばベンチャー企業であれば可能かもしれません。

ゆくゆくは自分も起業したいという方にも、経営に近いところで仕事が出来ますから、向いているかもしれませんね。

 

 

3. ベンチャー企業に転職するデメリット

 

基本的にはメリットの逆の事がデメリットに成り得るのですが、

 

1. 倒産リスク

これが一番怖いですね。

ベンチャー企業は資金力も乏しく、担保になるようなものも無いことが殆どです。

創業間もないため、信用力も低く、

 

銀行はベンチャー企業への融資に及び腰になりがち

 

です。

ですから、ベンチャー企業は投資を募ったり、行政の補助など多種多様な財務戦略を必要とします。

ですが、それも売上が上がって行かなければ早々に枯渇します。

どれだけ短期間のうちに、売上だけでも会社を回せるようになれるかがキモです。

時間がかかればかかる程、倒産リスクは当然に上がります。

 

2. 深い、広い仕事を求められるが故の業務量

限られた人数で深く、広い業務を行うわけですから、必然的に業務量は増えます。ですから、就労時間が長くなったり、キャパオーバーすることもあります。

 

3. 社長と合わない時は厳しい

社長や経営層に近いところで仕事が出来るということは、社長の経営に賛同できたり、社長の考え方に共鳴出来る場合は加速度的に仕事が面白くなります。

しかし、社長の経営や考えについていけなくなったり、共鳴できなくなった時、そこで仕事を続けていくことは困難のなったりします。

 

4. ブラック化するベンチャー企業もある

何をもってブラック企業というかにもよりますが、まず

 

法令を守らない会社はブラック

 

とプロサラでは考えています。

残業代を払わない、有給を取らせないなどもブラックです。

なぜ、こんなことが起こるかと言えば、

 

プロサラ 転職格言 6番

 

転6. 社員の善意に甘える会社は辞めて良し

 

社長がウチはベンチャー企業だからとか、金がないからとか、社員の善意に甘えてしまう事が多々あります。

社員が社員の善意に甘えてしまうと、

 

ブラック化

 

する事があります。

それでも社長に付き従うか、自分の修行のために踏み留まるか、などの判断を迫られることもあります。

 

如何でしたでしょうか。

 

ベンチャー企業へ転職するということは、メリットもデカいがリスクも高い!

 

他にも色々あるのですが、もっと詳しく知りたい方は

 

coconala.com

 

から、ご相談下さい。

知りうる限り、ご相談にお答えします。

 

今日もお読み頂きありがとうございました!

 

サラリーマン・ウーマンの悩みや不安を解消する!

転職回数合わせて16回、サラリーマン・ウーマン達のコンサルタント

The Professional Salarymen

略してプロサラの阿部でした!