サラリーマン達のコンサルタント The Professional Salarymen

併せて転職16回。サラリーマン達のコンサルタントもしています!

現状維持はムリだけど「ラクに楽しく幸せに働く」方法 Yahooニュース

仕事が合わない、会社が合わない、スキルを磨きたい、キャリアを上げたい!

そんなサラリーマン・ウーマン達のコンサルタント

The Professional Salarymen

略してプロサラの阿部です。

 

今日も一つYahooニュースをプロサラの視点でお伝えします。

 

今日のYahooニュースはこちら。

headlines.yahoo.co.jp

 

記事の内容としては、

 

“迫りくるAI化、人気職種は相変わらず狭き門……。どうやらこれまでの意識を変える必要がありそうです。プライベート重視で「ほどほどに働く」――。そんな「ゆるキャリ」志向は、これからの時代、もはや無理?”

 

この辺のお話を主論として書かれています。

 

結論としては、

 

“「ゆるく働く=『ルーティンワークを淡々と』『現状維持で安住する』という意味なら厳しくなるでしょうね。でも、ゆるく=『無理せずラクに』『自分らしく楽しく』なら十分可能”

 

と仰っています。

また、そのような働き方をするためには、

 

“「自分で考えたり、工夫をすることが大切になってくるため、普段からそうした癖をつけておくことです。例えば、今やっている業務をもっと楽にするにはどうしたらよいか、工程を減らすにはどうしたらよいか、この仕事は誰のためにやっているのか、もしかして不要ではないかなど、当たり前にやっている仕事について考えてみる癖を付けましょう。”

 

と仰ってます。

まさしく、仰る通りだと思いますね。

 

プロサラ基本格言 8番

 

基8. 今の状況に胡座をかくな!

 

サラリーマン・ウーマンとして生きていく上で、最もリスクとなるのは

 

今の状況が続くという、なんの根拠もない自信から、今日という日を漫然と過ごすこと

 

だとプロサラでは考えています。

 

今日という穏やかな日常が、仕事が、明日も当然に来るわけではない

 

ということを、我々サラリーマン・ウーマンは知っていなくてはなりません。

 

それは、転職活動をしろと言ってるんじゃありません。

 

単に、いつでも有事に備えて準備をしておくべき

 

とお伝えしているんです。

 

明日、会社が倒産するかもしれない、リストラで呼び出されるかもしれない、大地震が起ころうかもしれないし、大口取引先の社長が亡くなって仕事が半減するかもしれない。

 

そんな時でも、我々サラリーマン・ウーマンはサラリーマン・ウーマンとして生きていく、大切な人を守らなきゃならないわけじゃないですか。

 

AI時代が来たって一緒です。

 

我々サラリーマン・ウーマンの仕事は

会社に利益をもたらすこと。

これは普遍です。

 

AIが来ようと、リストラの嵐が吹き荒れようと、関係ない。

 

いつでも何処でも、戦って生きている武器を身につけてさえいれば、不安も迷いもなくなります。

 

ただ、そういった武器を身につけるには、それこそ不断の努力で、いつもスキルを最新のモノにアップデートしておかなくてはなりません。

 

だからこそ、現状に胡座をかくことが最もと危険であると、プロサラではお伝えしているんです。

 

記事では続けて、

 

こうした時代だからこそ、「立ち止まって自分のキャリアについて考えてみるいい機会」。「今は変化のスピードが速いため、10年前の働き方と今の働き方が全然違うように、5年先、10年先という長いスパンで見るのが難しくなってきています。まずは『3年先を考えてみる』といいでしょう。

 

立ち止まって、考えてみるということはとても大切なことだと思いますね。

 

記事では「3年先」と仰ってますが、プロサラでは

 

プロサラ基本格言 4番

 

基4. 7年後の夢や理想を掴め!

 

と7年後のことを考えてみて下さい、思い描いて下さい、とお話ししています。

 

プロサラが考えるサラリーマン・ウーマンとしての生き方では、3年後はチョッと近すぎると思っています。なので7年後と推奨はしてますが、そんなに厳密な話でもありません。

 

大事なことは、

 

立ち止まって、今までの自分を棚卸しして、今の自分と時間をかけて対話して、これからの自分の行き先を考えておく、見つけておくことです。

 

全てはそこから始まるとワタクシは思っています。

 

ご自分の理想の未来を思い描いて下さい。

 

見つけづらい方は、いつでもご相談下さい。

 

coconala.com

 

今日もお読み頂きありがとうございました!

 

以上、仕事が合わない、会社が合わない、スキルを磨きたい、キャリアを上げたい!

そんなサラリーマン・ウーマン達のコンサルタント

The Professional Salarymem

略してプロサラの阿部でした!