サラリーマン達のコンサルタント The Professional Salarymen

併せて転職16回。サラリーマン達のコンサルタントもしています!

転職の際の最後の決めて「覚悟」

仕事が合わない、会社が合わない、スキルを磨きたい、キャリアを上げたい!

そんなサラリーマン・ウーマン達のコンサルタント

The Professional Salarymen

略してプロサラの阿部です。

 

今日はYahooニュースではなく、ワタクシが最近考えている

 

「覚悟」

 

に関してお話ししたいと思います。

 

Google先生に「覚悟」とは何か、を聞いてみると、

 

かくご
【覚悟】
《名・ス自他》
1.
悪い事態(に多大の努力がいるの)を予測して心の準備をすること。 「―はよいか」
2.
仏教
迷いを去り道理を悟ること。

 

と教えてくれました。

 

プロサラ格言

 

基本格言の6番

 

基6. 腹をくくれ!覚悟を決めろ!

 

があります。

 

転職を決める際に相談者さんに伺っているのですが、

 

転職はリスクが高いです。

それでも転職しますか?

 

「覚悟」は出来てますか?

 

「はっ!」とする方もいらしゃいます。

うろたえたり、躊躇する方もいらっしゃいます。

 

なぜ、ワタクシが転職の際に「覚悟」の確認をするのか?

 

転職は、想定外のことが起きる可能性がある

 

からなんです。

 

例えば、

 

転職したら、上司になるはずだった人が辞めていた

 

急成長しているので、ビジネス拡張のために人を取ったが、すぐに売上が低迷し始めた

 

フレンドリーで面倒見の良い部長だと思って入社したら、結構なパワハラをする人だった

 

などなど。

 

プロサラでは、転職活動中や転職を決める前にも様々なアドバイスをさせて頂いて、出来る限りミスマッチや想定外のことは起こらないように確認することをお勧めしています。

 

ですが

 

転職してからわかることもあるんですね。

 

だからプロサラ格言

 

転職格言の1番

 

転1. 転職はリスクが高いと心得よ

 

と申し上げています。

 

そして、ミスマッチや想定外のことが起こることに対して、リスクを負う

 

すなわち

 

「覚悟」は出来てますか?

 

と、問うているのです。

 

では、

 

「覚悟」ってどういうことなの?

 

となると思うのですが、「覚悟」の考え方、捉え方も人それぞれで良いとは思うんです。

 

ワタクシが考えている「覚悟」とは、

 

最悪のことが起こることも想定し、その最悪のことが起こっても、一旦受け入れるという決意。

その決意が迷いをなくす。

 

と思っています。

 

状況を変えたり、前に進む時って、怖いですよね。

 

大丈夫かなーという不安。

 

転職の際も、どんな会社かなー、やっていけるかなー、上司はどんな人?同僚は優しい?

 

などなど、不安はつきません。

よーくわかります。

 

そんな不安をなくすには、

 

最悪の状況が起こったとしても、自分は一旦は受け入れる!

と決意をすれば、もう考えることがなくなります。

 

そんな簡単なことじゃあないことはわかってはいますが、

 

上記に挙げた例は、実際にワタクシが転職した際に起こったことです。

実際に起こりうるんです。

 

ですから、

 

想定して決意をしておくことが大事である

 

と、プロサラではお伝えしています。

 

自分の思い描いた通りの職場で、転職後は何の憂いもなくチョーハッピー!

 

となれば良いのですが、そう行かないことも多々あります。

 

そんな時も

 

我々は自分で自分を守らなければなりません。

 

もし、時間があったら、自分は仕事や日常生活でも、どんな覚悟が出来るのか?

 

考えておくのも良いかもしれません。

 

悩み、苦しんでいる方、ご相談下さい。

 

coconala.com

 

今日もお読み頂きありがとうございました!

 

以上、仕事が合わない、会社が合わない、スキルを磨きたい、キャリアを上げたい!

そんなサラリーマン・ウーマン達のコンサルタント

The Professional Salarymen

略してプロサラの阿部でした!