サラリーマン達のコンサルタント The Professional Salarymen

併せて転職16回。サラリーマン達のコンサルタントもしています!

実は結構もったいない 転職エージェント登録後の放置 Yahooニュース

仕事が合わない、会社が合わない、スキルを磨きたい、キャリアを上げたい!

そんなサラリーマン・ウーマン達のコンサルタント

The Professional Salarymen

略してプロサラの阿部です

 

今日も一つYahooニュースをプロサラの視点でお伝えします。

 

今日のYahooニュースはこちら。

 

headlines.yahoo.co.jp

 

キャリアコンサルタント歴20年以上の女性のコンサルタントさんに対するQ & A 方式で書かれている記事です。

 

媒体が Woman Onlineさんなので、女性の方からの質問になっているようですね。

 

参考になるので、少しご紹介します。

 

Q:職場の人間関係に悩んでいて、このままではうつになりそうです。転職したいのですが、人間関係の悩みを理由に転職するのはマズイでしょうか?

 

A:メンタルダウンは我慢せず、すぐに環境を変えてもOKです。

 

ここで大事なのは、すぐに環境を変えてもOKの理由です。

 

一度、心身を壊してしまうと回復するまでとても時間がかかりますし、転職どころではなくなってしまいます。

 

仰る通り!

 

プロサラ格言

 

転4. 逃げて良し


転5. パワハラ、セクハラは耐えなくて良い

 

これらの格言は、

 

精神的に追い詰められる前に、心が病む前に、先ずは現職場から離れるべき

 

ということです。

 

なぜなれば、

 

プロサラ格言

 

基1. 会社は我々を守ってはくれない!

 

会社は、我々サラリーマン・ウーマンが心が病んでしまうような環境に対処してくれないことも多々あります。

 

それどころか、心が病み、会社に思うように出勤できない、仕事をするのが辛い、という状況下においても助けてくれない、救いの手を差し伸べてくれない事も多々あります。

 

ですから、プロサラでは一般的には

 

プロサラ格言

 

転7. 次が決まるまで今の会社は辞めない方が良い

 

と、お話していますが、

 

心が擦り切れそう、潰れそう、という方は、ソッコーで辞めるべき!

 

と、お伝えしています。

 

今回の記事でお話されているように、

 

一度、心身を壊してしまうと回復するまでとても時間がかかりますし、転職どころではなくなってしまいます。

 

まさに、これですね。

 

しかし、記事では

 

対処法

 

としてこんな事も仰っています。

 

“まずは、管理職や人事部門などに、職場で起こっている問題を伝え、社内でどこか別の部署に移れないか、思い切って相談してみましょう。”

 

これもまさしく、その通り!

 

プロサラ格言

 

転1. 転職はリスクが高いと心得よ

 

努力して転職活動して、転職にしたにも関わらず、

 

思わぬ事でミスマッチが起きたり、環境に慣れずに再転職を余儀なくされる人がいます。

 

それだけ、転職するということはリスクが高いんです。

 

一方、現社は部署が変わったり仕事が変われば環境は変わりますが、社風もわかってますし、知り合いも少なからずいる。

 

転職よりは余程リスクは低い。

 

ですから、プロサラでは先ず転職活動をする前に、

 

現社に留まったまま、移動や配置転換で対応できませんか?

 

とお話しします。

 

会社が対応してくれない、や、会社の規模等の問題でそれは難しいとなったら、

 

では覚悟を決めて転職しましょう!

 

になります。

 

記事でも同じようなことを仰ってます。

 

“ただ、転職した先にも、気の合わない人がいることは覚悟の上で。多少の我慢は仕方ないと諦めたり、ストレス解消法を考えたりすることも必要かと思います。”

 

もう、先生すばらしい!

仰る通り!

 

上記で軽く触れましたが、

 

プロサラ格言

 

基6. 腹をくくれ!覚悟を決めろ!

 

転職先では、色々な不測の事態や想定外の事も起こります。

ですから、

 

そういったことも一旦は受け入れる覚悟をして転職すべき

 

とプロサラではお伝えしています。

 

記事では、他にも相談者さんからの質問に答えてらっしゃいます。

 

是非、参考にして下さい!

 

プロサラでもご相談をお受けしています。

 

coconala.com

 

今日もお読み頂きありがとうございました!

 

以上、仕事が合わない、会社が合わない、スキルを磨きたい、キャリアを上げたい!

そんなサラリーマン・ウーマン達のコンサルタント

The Professional Salarymen

略してプロサラの阿部でした!