サラリーマン達のコンサルタント The Professional Salarymen

併せて転職16回。サラリーマン達のコンサルタントもしています!

2018年も転職市場は活況。「安定した転職先」を見分けるには? Yahooニュース

仕事が合わない、会社が合わない、スキルを磨きたい、キャリアを上げたい!

そんなサラリーマン・ウーマン達のコンサルタント

The Professional Salarymen

略してプロサラの阿部です。

 

今日も一つYahooニュースをプロサラの視点でお伝えします。

 

今日のYahooニュースはこちら。

 

headlines.yahoo.co.jp

 

経営コンサルタントをなさっている方の記事です。

 

「安定した転職先」特に「安定」とはどういった事を指してらっしゃるのか、興味があって読ませて頂きました。

 

前半部分は読み飛ばしです(笑)

 

ムズイ

 

後半、短いですが「安定」に触れてきます。

 

記事によると、

 

“そこで判断材料とできるのはシンプルに、社歴の長さです。20年以上経っていれば、バブル崩壊とリーマンショックを乗り越えてきたということですので、「何か」があるはずです。さらに、社員のレベルが低いと感じられたらなお、安定感のある強い会社だと言えましょう。人材のレベルが低くても存続して行けている場合には、何か仕組みや既得権で勝利している理由があるからです。“

 

なるほど。

確かに、転職をする際にはワタクシも業歴や社歴は参考にしますね。

社歴の長さを安定と見るかは別ですが。

 

記事では、続けて、

 

”気を付けたいのは、社歴が長くてもいわゆるワンマン創業社長が20~30年引っ張ってきたような会社です。存続を支えてきた「何か」が創業者と共になくなってしまう可能性が大いにあるからです“

 

とのこと。

確かに、仰っていることはその通りですね。

 

仰っている趣旨は理解出来ましたが、残念ながら、「安定」の考え方には触れられておりませんでした。

 

これは読み手のワタクシが読み取った感じでしかないのですが、

 

社歴が長い会社を「安定した転職先」と位置付けていらっしゃるので、

 

倒産しない会社

 

を「安定した転職先」と位置付けていらっしゃるのではないかと感じました。

 

それは確かに一つの判断方法ですし、倒産しない会社に勤めることは、サラリーマン・ウーマンとして非常に重要なことの一つである事は間違いありません。

 

ここからはワタクシの私見です。

 

どんな大きな会社も、今は先頭を走っている会社も、

 

明日、倒産しない保証など何処にもない

 

ということを前提に我々サラリーマン・ウーマンは生きていくべきだと思うんですね。

 

倒産はしなくても、リストラやクビ斬りになる可能性も否定できない。

 

なので、

 

プロサラ格言

 

「安定」とは自分で作り出すものであって、求めるものではない!

 

「安定」という考え方も、人それぞれ違います。

生き続ける会社を「安定」と見る方、成長し続ける会社を「安定」と見る方。

 

でも、ワタクシ思うんです。

 

人任せにする安定って、安定って言えるのか?

 

と。

 

明日、どうなるかわからない世の中です。

 

自分は全く悪くないのに、経営者の経営判断ミスで明日、会社が潰れるかもしれない。

 

自分とは全く関係ない部署のミスで、全社的なリストラが行われるかもしれない。

 

全く無警戒だったベンチャーが新技術を発表して、自分の会社の成長が止まってしまうかもしれない。

 

そんな社会で

 

安定した会社があると思うこと事態が危険

 

とワタクシは考えています。

 

じゃあ、どうすれば良いか?

 

もし、「安定」を求めるならば、自分の考える「安定」とは何かを明確にして、どんな状況になっても、その「安定」得られるように自分ですれば良い

 

とプロサラではお伝えしています。

 

例えば、

 

「安定」を倒産しない会社と位置付けているならば、

 

何故、倒産しない会社が良いのか?

 

と考え、給料が入らなくなる可能性を排除したい、毎月決まって給料が入ってきて欲しい

 

と自分の中の「安定」を明確にします。

ですが、会社は倒産するもの、リストラもあり得るものです。

 

ですから、

 

会社が倒産しても、リストラを行なっても、自分は安定して給料が毎月入って来るように成れば良い

 

そのためには

 

プロサラ格言

 

今の状況に胡座をかかず、

 

かつ

 

スキルを磨き、キャリアを上げる!

 

ことによって、

 

いつ、どんな時も、どんな状況でも、すぐに今以上の待遇で雇ってもらえるような自分でいれば良い

 

とプロサラではお伝えしているわけです。

 

簡単じゃあ、ありませんよ。

 

だけどね、

 

「安定」や「安全」って簡単じゃない、安くない

 

と思うんですね。

 

ですから、

 

「安定」とは自分で作り出すものであって、求めるものではない!

 

とプロサラでは考えています。

 

転職に関してお悩みの方もご相談下さい。

 

coconala.com

 

今日もお読み頂きありがとうございました!

 

以上、仕事が合わない、会社が合わない、スキルを磨きたい、キャリアを上げたい!

そんなサラリーマン・ウーマン達のコンサルタント

The Professional Salarymen

略してプロサラの阿部でした!