サラリーマン達のコンサルタント The Professional Salarymen

併せて転職16回。サラリーマン達のコンサルタントもしています!

転職かぁ…このまま派遣・契約社員だとマズイですか? Yahooニュース

仕事が合わない、会社が合わない、スキルを磨きたい、キャリアを上げたい!

そんなサラリーマン・ウーマン達のコンサルタント

The Professional Salarymen

略してプロサラの阿部です。

 

今日も一つYahooニュースをプロサラの視点でお伝えします。

 

今日のYahooニュースはこちら。

 

headlines.yahoo.co.jp

 

昨日は駄文にて失礼しました。

途中から自分でも、ツマラナイ事を書いてるなーと思っていましたが、校正する時間もなく、そのままアップしてしまいました。

 

今日からまた気を引き締めて書いて行きます。

 

今日の記事は、

 

キャリアコンサルタント歴20年以上、1万人の女性たちの背中を押してきた

 

方の記事です。とても参考になります。

 

記事では、Q & A形式で書かれています。

 

Q:転職して、年収をアップさせたいです。転職して年収を上げるにはどうすればいいでしょうか。

A:まずは自分の給料が市場価値よりも高いか低いか、客観的に確認しましょう。

残念ながら、転職したら年収が大幅アップした、といったことはそう多くはありません。

 

と仰ってます。

まさに、そうですね。

 

自分がヤレる仕事、会社に貢献できる内容が変わらないのであれば、今の給料より大幅に給料がアップする道理がありません。

 

プロサラでも、

 

転職時の給与は基本はスライド

 

とお伝えしています。

 

まず、仰る通るとおり

 

自分の市場価値を把握する

 

のが、重要なポイントです。

これは、今の給料は関係ありません。

貴方が、

 

いまどんな仕事が出来て、会社にどのような貢献が出来るのか

 

で、決まります。

ですから、客観的に把握するには、

 

転職市場で確認する

 

のが手っ取り早い。

 

自分と同レベルの人々が転職市場にはゴロゴロしてます。

 

そして、

 

自分よりも市場価値が高い人もゴロゴロしてます。

 

転職エージェントに相談しても客観的な市場価値を教えてくれますし、Webで自分が出来そうな業界、職種の求人情報を探して把握することも出来ます。

 

給料を上げたいならなば、

 

何が出来れば、市場価値が上がるのか

 

も一緒に確認しておく事をオススメします。

 

ただ、給料ベースの高い業界やリスクがあるけど給料の良いベンチャーなどに転職する場合は、給料上げることも可能だとプロサラではお伝えしています。

 

記事でも、

 

(1)より景気のいい会社、業界に転職する
(2)より専門的な職種に転職する
(3)マネジメント職として転職する

 

と仰っています。

ただ、専門的な職種やマネジメント職に転職するということは、

 

未経験の分野に、新しい会社でチャレンジするので、リスクも上がります。

 

プロサラ格言

 

リスクを負わなければ、リターンもない!

 

なので、リスクを負うことを自覚してチャレンジするのであれば、それで良いと思います。

 

次のQ & Aは独立の話なので飛ばして、

 

Q:派遣社員として働いています。今のところは、この働き方で満足しているのですが、ずっとこのまま派遣社員ではダメですか?

A:長く働き続けるのであれば、今のうちに正社員転職をするのがオススメです。

 

仰る通りですね。

 

プロサラでは

 

7年後の夢や理想を掴め!

 

とお伝えしています。

この7年後の夢や理想に辿り着く、近くのに、

 

正社員の方が近ければ正社員が良いですし、派遣社員の方が近ければそのままが良い

 

というのがプロサラの考え方です。

 

でも、派遣社員から正社員ってハードル高くない?

 

と、思われている方もいらっしゃいます。たしかに、会社によってはそういう対応をしてくるところもありますが、

 

結局は、貴方はどんな仕事が出来ますか?会社にどれだけ貢献してくれますか?それは、会社が正社員として雇用すべき職制・職種ですか?

 

にかかってきます。

 

もし、正社員になることが夢や理想に近づく一歩であるなら、

 

プロサラ格言

 

やらない・やれない理由を探したってしょうがない。やる理由があるなら、やってみろ!

 

と、プロサラではおススメしております。

 

性別も年齢も関係なく、すべからくサラリーマン・ウーマンが夢や理想に近づけるようお手伝い出来ればとプロサラは思っています。

 

とても参考になる良い記事でした。

 

迷いがある方もご相談下さい。

 

coconala.com

 

今日もお読み頂きありがとうございました!

 

以上、仕事が合わない、会社が合わない、スキルを磨きたい、キャリアを上げたい!

そんなサラリーマン・ウーマン達のコンサルタント

The Professional Salarymen

略してプロサラの阿部でした!