サラリーマン達のコンサルタント The Professional Salarymen

併せて転職16回。サラリーマン達のコンサルタントもしています!

学歴フィルター、顔採用、コネ…何でもアリなのが就活です Yahooニュース

仕事が合わない、会社が合わない、スキルを磨きたい、キャリアを上げたい!

そんなサラリーマン・ウーマン達のコンサルタント

The Professional Salarymen

略してプロサラの阿部です。

 

今日も一つYahooニュースをプロサラの視点でお伝えします。

 

今日のYahooニュースはこちら。

headlines.yahoo.co.jp

 

弁護士さんによる、就職に対する考え方の記事です。

 

弁護士さんが仰るには、

 

・就活の時期になると、「学歴フィルターで門前払いをされた」「コネがないから内定をもらえなかった」「顔採用なんて侮辱している」…等々の不満が就活生から寄せられます。

 

・しかし、純然たる民間企業がどのような資質の人たちを採用し、採用しないかは完全に自由

 

・私人間には「契約自由の原則」という大原則があり、誰とどのような契約を結ぼうが(公序良俗に反するような場合を除けば)完全に自由

 

ここまでは理解できます。

仰る通りですね。

 

就職(転職を含む)は会社と労働者間の雇用契約という契約を結ぶか否かの話ですから、どちらか一方がどんな理由であっても嫌だと思えば合意に至らない。

 

さらに続きます。

 

・内定を出すということは、企業側に一方的なリスクを負わせることになるのです。
先述したように、内定は「始期付き解除条件付き労働契約」の締結にあたります。

 

この

 

企業側に一方的なリスクを負わせることになる

 

という部分。

確かにそうなんです。

法律という側面から見ると、

 

現労基法では企業側は雇用者を簡単に解雇出来ない

 

一旦、雇用契約を締結すれば、無能だろうと、言うこと聞かない社員だろうと、簡単には解雇出来ません。様々な手続き、段階を経てしか解雇は出来ないというのが現労基法の建前です。

 

なので、法律上の企業側に建前はわかります。

 

確かに雇用契約を結べば簡単には会社は従業員を解雇出来ない。色々な手続きを踏まなければ解雇出来ない。

 

ですが、

 

逆を言えば、手続きを踏んでさえいれば解雇は出来る

 

確かに、日本企業は従業員を解雇出来ない、解雇しない、という法的・文化的な時代があったとワタクシも思います。

 

しかし、

 

現代では、雇用契約を締結したからといって、企業側が雇った従業員に定年退職するまで働かせるというリスクを一方的に負っているとはワタクシは考えていません。

 

現に

 

昨今の会社はリストラという程のいい新しい建前で我々サラリーマン・ウーマンの首を斬りに来ている

 

とワタクシは感じています。

 

それに我々サラリーマン・ウーマンは会社が倒産して失業するというリスクも負っています。

 

これは本文とは関係のないリスクですが、

 

会社は雇用契約を守ろうとしても、現実問題、会社がなくなってしまっては契約を守ることさえ出来ない

 

我々サラリーマン・ウーマンは、確かに労基法上は守られているけれども、

 

そこに胡座をかいた時、リストラされるリスクを負っており、いつでも会社の倒産で失業するリスクも負っていることを忘れてはいけないとプロサラではお伝えしています。

 

更に記事では、

 

就職なんて、実際に入社して働いてみないとわからないものです。
憧れていた一流企業で下働きばかりやることもあれば、中堅企業でやりがいのある仕事を任されることもあるでしょう。

人事を尽くして“気まぐれな天命”を待ちましょう。

 

で結んでいます。

 

至極ごもっともなんです。

 

就職・転職は入社してみないとわからないこともあります。

 

記事を日本語のフレーズを感じて読んでしまうと、

 

就職・転職は入社してみなきゃわからないんだから、運だよ

 

とも読めます。

 

就職、転職は長い人生における一大イベントです。

その就職・転職に失敗したと感じる人も相当数いらっしゃいます。

その失敗の原因が

 

”運“

 

で片付けられては、流石にやりきれないのですが、

 

記事の文章では

 

”人事を尽くして“

 

と書かれています。これが大事で、

 

プロサラ格言

 

転職は運と縁

 

と言っていますが、この格言の意味は、

 

運と縁は座していても舞い込んで来ない。だから、自分で動き、アンテナを張り、リサーチし、良縁を掴み取る。

他力本願ではなく、自力で運と縁を掴め。

 

ということです。

 

就職・転職の失敗、ミスマッチを”運が悪かった“だけで片付けないように、

 

”人事を尽くし“ましょう。

 

就職・転職もご相談下さい。

 

coconala.com

 

今日もお読み頂きありがとうございました!

 

以上、仕事が合わない、会社が合わない、スキルを磨きたい、キャリアを上げたい!

そんなサラリーマン・ウーマン達のコンサルタント

The Professional Salarymen

略してプロサラの阿部でした!