サラリーマン達のコンサルタント The Professional Salarymen

併せて転職16回。サラリーマン達のコンサルタントもしています!

転職したいけど行動できない貴女へ 「置かれた場所で咲きたガール」の罠 Yahooニュース

仕事が合わない、会社が合わない、スキルを磨きたい、キャリアを上げたい!

そんなサラリーマン・ウーマン達のコンサルタント

The Professional Salarymen

略してプロサラの阿部です。

 

今日も一つYahooニュースをプロサラの視点でお伝えします。

 

今日のYahooニュースはこちら。

 

beauty.yahoo.co.jp

 

記事では、Kさんというサラリーマンウーマンを例として挙げています。

 

Kさんは

 

・大学卒業後、金融系会社に一般職として入社

・給料はそれほど高くはない

・職場ではお局様の新人イビリが横行。Kさんも例外ではなく、イビリを受けた。

・このイビリに対して上司は見て見ぬ振り。

・多くの新人が辞めていった。

・次にKさんは、男性社員からボディタッチを受けたり、家まで付いて来られるというセクハラを受けた。

・Kさんは、心も身体もボロボロになりながらも、辞めずに懸命に働いた。

・友人たちが心配して転職を進めたが、頑なに拒否。

・「辞めるなんて無責任なことが出来るわけない」というのがKさんの主張

・そのKさんの頑ななまでの主張の裏には、「私なんて学歴もないし、頭も悪いし、大した仕事もしていないし、転職先なんてあるわけがない」という思いがあるらしい。

 

記事では最後に

 

“相変わらず転職はしていませんが、最近出世して主任になりました。役職を得た彼女が環境を変える勇気を持てるか。それが、置かれた場所で咲けるかどうかの分岐点なのかもしれません。”

 

で締めくくっています。

 

さて、プロサラの視点で本件を見てみましょう。

 

まず、Kさんのような方って、我々のところに相談に来ない方が多い

 

んですよね。

自己完結してしまって、

 

「どうせ、自分なんか・・・」

 

みたいに自分の殻に入ってしまっている方は、外界をシャットアウトしてしまう傾向があります。

 

なので、そんな方が周りにいらっしゃったら、

 

まずは周りの方が、本人に変わって専門家に相談するってのもアリです。

 

現にプロサラでも、働いてるご主人の転職に相談を奥様から受けています。

ケースは違いますが、ご本人以外からの相談でもOKです。

 

それで、もしKさんに対するコンサル、アドバイスを求められたら、どう対応するか。

 

ですが、

 

まず最も大事なのは、

 

Kさんの7年後の夢や理想はなんですか?

 

そして

 

その7年後の夢や理想は、現社にいて、現状過ごして、たどり着けるものですか?

 

ただし!

 

仮に、Kさんの夢や理想が現社で叶えられるものであったとしても、

 

プロサラでは、Kさんに対しては転職を勧めます。

 

なぜなれば、

 

ハラスメントは直ぐに辞めて良し!

 

なぜなれば、

 

ハラスメントは心を擦り減らし、いつのまにか会社に来れなくてなってしまうような精神状態になってしまいます。

今のKさんの言動がそれなのかはわかりませんが、一早い転職をお勧めします。

 

それでも、Kさんが上記の理由

 

「辞めるなんて無責任」

 

と言われたら、

 

劣悪な環境下で100%の実力を発揮できないことを承知しながら働き続けて給料をもらい続けることも無責任。

ですが、

 

劣悪な環境を放置する会社はもっと無責任。

 

なぜ、無責任な会社に身を呈して尽くす必要があるのか?

 

自分の本来の力を発揮できる環境で仕事をして、本来頂ける報酬を頂けるようにすべきではないのか?

 

それでもKさんが

 

私なんて学歴もないし、頭も悪いし、大した仕事もしていないし、転職先なんてあるわけがない

 

と言ったとしたら、プロサラ格言

 

やらない、やれない理由を探したってしょうがない。やる理由があるならやってみろ!

 

となりますね。

 

記事では、Kさんは「頑張っている」「ガッツがある」と書いてらっしゃいますが、

 

頑張ったり、ガッツがある人が心を擦り減らして会社に来れなくてなってしまった人をワタクシは多く見ています。

 

まず、情報を発信する人が

 

「頑張ることが美徳である」

という日本人の昔から押し付けられてきた価値観を本当に美徳であるのか考えて頂きたい。

 

とワタクシは考えています。

 

Kさんのような方も、プロサラに愚痴で良いのでお話聞かせてください。

 

coconala.com

 

 

今日もお読み頂きありがとうございました!

 

以上、仕事が合わない、会社が合わない、スキルを磨きたい、キャリアを上げたい!

 

そんなサラリーマン・ウーマン達のコンサルタント

The Professional Salarymen

略してプロサラの阿部でした!