サラリーマン達のコンサルタント The Professional Salarymen

併せて転職16回。サラリーマン達のコンサルタントもしています!

企業からの「お祈りメール」がアリなら、学生の内定辞退もメールだけでOK? Yahooニュース

仕事が合わない、会社が合わない、スキルを磨きたい、キャリアを上げたい!

そんなサラリーマン・ウーマン達のコンサルタント

The Professional Salarymen

略してプロサラの阿部です。

 

今日も一つYahooニュースをプロサラの視点でお伝えします。

 

今日のYahooニュースはこちら。

 

headlines.yahoo.co.jp

 

企業から出た内定を辞退する時、メールで済ませて問題ないか?

 

という質問に対して、弁護士さんが回答しています。

 

結論としては、

 

“「内定辞退をメール1本で済ませても、直ちに信義に反するとはいえないと思います。ただ、法律上の責任の有無と、マナーとして何が望ましいかは別です。後者の点からは、内定辞退の意思が固まった時点で速やかに、また、状況に応じてできる限り丁寧に内定辞退の報告を行うことが望ましいといえます。”

 

と仰っています。

 

まあ、そうなるでしょうね。

 

では、

 

我々社会人が転職に際し、内定を頂いた企業に対して辞退の申し出をする時はどうでしょうか。

 

我々社会人も同様に、メールで辞退を伝えても法的には問題ないと考えらます

 

が、

 

気にしなければいけないのは、我々は既に社会で働いており、その内定を辞退した会社とも、今後仕事で接点を持つかもしれない

 

メールだけで辞退を伝えて、変な印象を残してしまい、ひょんなことからその会社に仕事で挨拶に行かねばならなくなったら...

 

チョッとキツイですね

 

ですからプロサラでは、内定辞退する事は全く問題ないですが、やはり最低でも電話で辞意をお伝えすべきだとお話ししています。

 

もし、エージェントを経由している場合には、エージェントに辞退を伝えてもらえるように頼めばOKです。

そうゆう時はエージェントは非常に助かる存在です。

ただ、エージェントは転職して欲しいでしょうから、そこはエージェントにもなぜ辞退するのか丁寧に説明する必要があります。

 

エージェントを通さずに、ご自分で転職活動して、結果内定を辞退する場合には、内定辞退に理由をどこまで話すか?

 

という問題も出てきます。

 

これが難しいのです。基本は

 

ケースバイケース

 

です。

 

なんとなく、合わなそうな会社だったり、上司になる人と合わなそうな感じなので辞退する場合には、

 

当たり障りのない理由、例えば、こんな社風が合わない、自分の家の都合で転職できなくなった、など、あまりほんとうの理由は言わない方が良いですよね。

 

給料が低くてマッチしないようなケースの場合には、正直に給料が合わないと伝えても良いでしょう。もしかしたら上げてくれるかもしれません。

 

内定対応などもご相談下さい。

 

coconala.com

 

チョッと短いですが、今日もお読み頂きありがとうございました!

 

以上、仕事が合わない、会社が合わない、スキルを磨きたい、キャリアを上げたい!

 

そんなサラリーマン・ウーマン達のコンサルタント

The Professional Salarymen

略してプロサラの阿部でした!