サラリーマン達のコンサルタント The Professional Salarymen

併せて転職16回。サラリーマン達のコンサルタントもしています!

心のシャッターが一気に下りる上司の口癖 Yahooニュース

仕事が合わない、会社が合わない、スキルを磨きたい、キャリアを上げたい!

そんなサラリーマン・ウーマン達のコンサルタント

The Professional Salarymen

略してプロサラの阿部です。

 

今日も一つYahooニュースをプロサラの視点でお伝えします。

 

今日のYahooニュースはこちら!

headlines.yahoo.co.jp

 

サラリーマン・ウーマンっぽい記事です。

 

記事では、

 

“上司が何気なく使っている言葉――「口癖」によって部下が心を閉ざしてしまう”

 

として、いくつかの言葉を挙げています。

 

「(前職の社名・部署名)は」「うちは」

 

「普通は」

 

「俺を責めるのか」「私が〇〇だったら」

 

「俺っていい上司だろ」「すごいだろ」

 

を記事では挙げています。

 

プロサラの格言にも同じようなもにがあります。

 

転職したら前の会社の栄光は捨てろ

 

とお話ししています。

 

前の会社の栄光、実績。

 

誰しも1つや2つ、あると思います。

 

でもね、転職したら、

 

その栄光は足枷になる可能性がある。

 

偉い人が参考のために、異業種他社や他業種でどのようにやっているのか知りたいなら、前社や他社のやり方などをお話しするのは良いでしょう。

 

ですが、

 

現場で前社の話をしても、大概の人は面白くない

 

と思っておいた方が良いでしょう。

 

イキナリやってきた転職組が

 

「前の会社ではこうやってました」

「前の会社とは違うなー」

「僕、前の会社でこんなことして表彰されたんですよ」

 

もうね、

 

ウザいだけ

 

前の会社の話は、聞かれたときだけ

 

にしておいた方が良いです。

 

ですが、前社での経験や実績が買われて転職する人がほとんどですよね。

 

その場合、どうやって現社に反映させるか?

 

あなた自身の考え、経験で、こうすればもっと効率的になる、ああした方が良いのではないか、と提案すれば良いだけ

 

とプロサラでは考えています。

 

というか、我々の経験からそう思っています。

 

今はマネージャークラスの方々も元々は兵隊だったはず。

 

兵隊だった時の上司には、転職組や、愚痴ってばかりいる人もいたでしょう。

 

その時、嫌だったこと、ウザいと思っていたことはしないこと

 

なのでしょうね。

 

難しいですけどね。時代も違うし、環境も違う。

 

でもね、

 

貴方の過去の栄光を聞いて喜ぶ人はまずいない

 

と思った方が良いです。

 

1回目はスゴイ人!

 

と思われるかもしれませんが、

 

2回目以降はウザい人

 

に変わってしまうかもしれません。

 

過去の栄光は自分の自信のベースであることは間違いありません。

だからこそ、

 

自分の中に留めておくのが良いでしょう。

 

会社や相手がその経験を必要としている、欲している時だけ、初めて、

 

栄光ではなく、経験としてお話しするのが良いでしょう。

 

 

記事で言っている、

 

「オレを責めるのか」とか「オレが○○だったら」は愚の骨頂。

 

管理職の在り様を再考すべきですね。

 

ワタクシが注視しているのは、

 

「俺っていい上司だろ」「すごいだろ」

 

これはですね、ワタクシの個人的な意見ですが、

 

同意を促す様な言い方、発言は控えるべき

 

だとは思います。

 

そんなことを言われても、部下さんは

 

「いやー、そんなきとナイっす!○○さんは最悪に上司っす!」

 

言えるわけがない。

 

言えるわけがないことに同意を促しちゃいけない。

 

それってパワハラ

 

ですよ。

 

でもね、

 

日本の会社は褒めない。やって当たり前という文化

 

があります。ですから、プロサラでは

 

自分で自分を褒めろ!そして他人も褒めろ!

 

誰の同意も必要としません。

要は

 

自画自賛

 

です(笑)

 

でもね、

 

いいじゃないですか!誰も褒めてくれないなら、自分くらい自分を褒めてあげましょうよ!

そして、誰も褒めてくれないなら、貴方くらい部下さんや同僚を褒めてあげましょうよ!

 

きっと、自分自身のモチベーションもあがり、部下さんのモチベーションもあがり、雰囲気は良くなると思いますよ!

 

サラリーマン・ウーマンとしてお悩みの方、ご相談下さい。

 

coconala.com

 

今日もお読み頂きありがとうございました!

 

以上、仕事が合わない、会社が合わない、スキルを磨きたい、キャリアを上げたい!

そんなサラリーマン・ウーマン達のコンサルタント

The Professional Salarymen

略してプロサラの阿部でした!