サラリーマン達のコンサルタント The Professional Salarymen

併せて転職16回。サラリーマン達のコンサルタントもしています!

温厚でおっとりしていた東芝が家族的路線を捨て衰退するまで Yahooニュース

仕事が合わない、会社が合わない、スキルを磨きたい、キャリアを上げたい!

そんなサラリーマン達のコンサルタント

The Professional Salarymen

略してプロサラの阿部です。

 

今日も1つYahooニュースをプロサラの視点でお届けします。

 

今日のYahooニュースはこちら。

headlines.yahoo.co.jp

 

東芝の記事ですね。

 

記事を読んでいると、被害者ヅラした社員さん達の話が出てきます。

 

被害者ヅラという辛辣な言い方をしてますが、ご容赦下さい。

 

東芝はまだ潰れてない。銀行も市場も国も、出来るだけ東芝は潰さない方向で動くでしょう。

それだけ、東芝という看板はデカイ。

 

だから、潰れない。

 

でも世の中には、朝刊で自分の会社が潰れたことを知るサラリーマンもいるし、いつも通り出勤したら貼り紙一枚貼ってあって、会社は潰れて社長には連絡つかない人だっている。

 

というか、

 

会社が潰れる時なんてそんなもん。

 

東芝は、まだ潰れてない。

 

自分の勤める東芝子会社が買収された?結構じゃないですか!

 

まだまだ給料もらえる環境が続いてる。

 

倒産した会社に勤めてたサラリーマン、リストラされたサラリーマンは明日から給料ないんですから。

 

だから、

 

まだ生き残ってる東芝社員、東芝子会社社員さん達が被害者ヅラされるのは、どうも釈然としない。

 

お気持ちはわかりますけどね。

 

記事では、家族重視主義だった東芝が変わってしまって、現状に陥ったみたいに書いてますけど、

 

企業の有り様を我々が論じても仕方ない。現状は結果でしかなく、かつての経営をあーだこーだ言ったところで、我々サラリーマンの生活は何1つ変わらない。

 

被害者ヅラしたって、何も変わらない。

 

本来はラッキーだったとも言えます。

いつでも他の会社で戦える準備をしていた人は、

 

高額のリストラ退職金をもらって、次の会社でもっと高待遇で働ける。

 

現状を嘆くのであれば、会社に対して嘆くのではなく、現状に胡座をかき、いつでも戦える準備を怠った、自分に対して嘆くべき。

 

だとワタクシは思うわけです。

 

前述した通り、東芝は家族第一主義。社員を守り、その家族も守る。

 

いやー、かなり厳しいでしょ。

 

高度経済成長期。国や社会が会社を守ってくれた時代ならまだしも、

 

世界中のメーカーがしのぎを削って、日本よりも本質の高いものを、コストの低いものをと戦っている。

 

そんな戦場のような資本主義社会の中で最前線で戦いながら、その家族も守り続けるのはかなり厳しい。

 

出来ないとは言いませんけどね。

 

だいたいからして、家族を守ると言っている会社を守るのは我々サラリーマンですからね。

 

プロサラの格言で一番最初の格言

 

会社は我々を守ってはくれない

 

実はこの格言には書いていない前言があって、

 

我々は会社を守るけれども

 

が付いてました。あまりに辛辣なので外していますが。

 

結局ね、

 

会社が我々を守ってくれるなどという神話じみたことを信じ、現状に胡座をかいたサラリーマンは、戦う術を失う

 

のです。

 

東芝に限った話じゃありませんよ。

いま、これを読んでる読者さんの会社も、もちろんワタクシが勤めている会社も、

 

明日も存続している保証なんて何処にもない!

 

だから我々サラリーマンは

 

明日、会社が潰れるかもしれない。そのために、スキルを磨き、キャリアを上げて、いつでも戦える準備を怠ってはならない

 

わけです。

 

チョッと熱くなってしまいました。

不快な思いをなさった方、申し訳ありません。

 

現状に不満、不安がある方、ご相談下さい。

coconala.com

 

 

今日もお読み頂きありがとうございました!

 

以上、仕事が合わない、会社が合わない、スキルを磨きたい、キャリアを上げたい!

そんなサラリーマン達のコンサルタント

The Professional Salarymen

略してプロサラの阿部でした!