サラリーマン達のコンサルタント The Professional Salarymen

併せて転職16回。サラリーマン達のコンサルタントもしています!

中小企業サラリーマンは社長の夢を叶えることも責務の一つ! 今日の格言

仕事が合わない、会社が合わない、スキルを磨きたい、キャリアを上げたい!

そんなサラリーマン達のコンサルタント

The Professional Salarymen

略してプロサラの阿部です。

 

今日も一つプロサラの格言をご紹介します。

 

今日の格言

 

中小企業サラリーマンは社長の夢を叶えることも責務の一つ!

 

プロサラ格言に

 

サラリーマンの責務は会社に利益をもたらすこと!

 

と申し上げました。

これは、

 

全てのサラリーマンに共通する責務

 

であるとプロサラは認識しています。

大きな会社、中小企業、外資、問わずです。

 

しかしながら、中小企業ではまた別の責務もあるべきだと考えています。

 

それが

 

中小企業サラリーマンは社長の夢を叶えてあげる!

 

ということです。

 

サラリーマン個人の人生の夢や希望は、もちろん個人個人で違いますし、個人個人で持つべきものです。

 

一方で、仕事における夢や希望は?と考えた時に、悩む人も多いかもしれません。

 

スキルを磨いたり、キャリアを上げることは我々サラリーマンにとっては必須ですが、

 

それは

 

個人の夢や希望を叶えるための手段であって、

 

スキルを磨くこと、キャリアを上げること、自体が仕事の目的ではありません。

 

では、中小企業サラリーマンが、もし、仕事における夢や希望が見当たらなければ、

 

社長の夢を叶えるのが自分の夢であり希望

 

社長の夢に乗っかる!

 

という考えは、

 

中小企業、ベンチャーでは至極真っ当なこと

 

とプロサラでは思っています。

 

ちなみに、ワタクシも外資でゼネラルマネージャーやってますが、小さな外資ですので、

 

社長の夢を叶えるのがワタクシの仕事

 

と社長にも言い切ってます。

 

ワタクシの場合、社長の夢に乗っかってはいません。

 

あくまで、社長の夢は社長の夢。ワタクシの仕事上の夢は「社長が夢を叶えること」

 

です。

 

中小企業、ベンチャーなどの殆どの社長は、

 

夢を持って会社を経営している

 

だからこそ、夢を叶えるために起業したり、跡を継いだりして、大きな重責を背負って会社を運営してます。

 

社長は夢を叶えるために、大きなリスクを負って勝負してます

 

自分の夢しか考えず、社員をボロ雑巾のようにしか使えないクソ社長も多くいます。そんな社長や会社は

 

見捨てて良い

 

一日も早く転職しましょう。

 

ですが、そうではなく、自分の夢を叶えるために我々サラリーマンを雇用し、給料払って、重責を負って、リスクを負って、勝負してる社長は沢山います。

 

社長も色んなタイプがいます。

 

率先して陣頭指揮を執る社長

頭は良いけどあまり表に出たがらない社長

愚痴が多い社長

 

様々です。

 

ですが、以前申し上げた通り

 

会社では金を出してる人が一番偉い!

 

特に中小企業の社長の大半は身銭を切って、リスクを負って会社を経営してます。だから社長は偉いんです。

 

社長だって人間です。引っ込みじあんの社長もいるし、口下手な社長もいる。

 

でも、大半の中小企業社長は

 

夢を叶えるためにリスクを負って会社を経営している

 

という事を、

 

我々中小企業サラリーマンは忘れてはいけません。

 

そんな社長の想い、夢を遂げるお手伝いをすることも

 

我々中小企業サラリーマンの責務の一つである

 

とプロサラではお伝えしています。

 

では、大企業は?と言えば、すみません。

 

大企業の社長の大半は雇われ社長

 

ですね。株主に会社経営を委託されて経営という仕事をしています。そこには、会社の重責は当然にあります。それは凄いことです。

 

ですが、身銭を切るというリスクを負ってはいない

 

これは中小企業の社長とは大きな違いで、

 

大会社の社長は会社が潰れても、「ごめんなさい」で済む。

 

ですが、中小企業の社長は会社が潰れれば、自分が出した金は回収できず、銀行から金を借りるときに、未だに日本の銀行は中小企業社長の連帯保証を付けますから、借金も背負う。

 

勘違いしないで頂きたいのは、大企業の社長をディスってるわけじゃあありません。前述した通り、大企業の社長は、株主、社員、取引先、社会など色々なところに対して様々な重責を負っています。それはとてもスゴイことです。

 

ですが、だからこそ、

 

大企業の社長は自分個人の夢のために会社を私物化して動かすわけにはいかない

 

じゃあ、大企業に勤めるサラリーマンは仕事上の夢や希望をどうすれば良いかと言えば、

 

大企業内には、仕事の数だけ夢や希望があるでしょう。その夢を掴むことを個人の仕事上の夢に出来るでしょう。

 

サラリーマンとして何をすべきか迷っている方、ご相談下さい。

 

 

今日もお読み頂きありがとうございました!

 

以上、仕事が合わない、会社が合わない、スキルを磨きたい、キャリアを上げたい!

そんなサラリーマン達のコンサルタント

The Professional Salarymen

略してプロサラの阿部でした!