サラリーマン達のコンサルタント The Professional Salarymen

サラリーマン・ウーマンの悩みや不安を解消するブログ

言いたいことは言うな。言わなければならないことは言わなければならない! 今日の格言

仕事が合わない、会社が合わない、スキルを磨きたい、キャリアを上げたい!

そんなサラリーマン達のコンサルタント

The Professional Salarymen

略してプロサラの阿部です。

 

今日も一つプロサラの格言をご紹介します。

 

今日の格言

 

言いたいことは言うな。言わなければならないことは言わなければならない!

 

わかりづらいかもしれませんが、とても大事なことなので、ご説明します。

 

昨今、会社内でも

 

言いたいことは言え

 

という会社や、上司がいますね。

 

ワタクシは

 

言いたいことを言って良いのは子供

 

と思っています。

 

子供はまだまだ成長過程で、善悪や正しい正しくないも

 

やってみて、言ってみて、怒られたり、褒められたりしながら色々な事を身につけて成長していきます。

 

だから、

 

子供は言いたい事は言って成長して行けば良いと思っています。

 

もし会社で、社員全員が言いたい事を言ったらどうなるか?

 

ある人は、こんな仕事ムダだと言い

ある人は、こっちの仕事の方が優先順位が高いと言い

ある人は、この会社よりあっちの会社から仕入れるべきだと言う

 

収集がつかなくなる

 

そりゃあ、みんながみんな好き勝手に言いたい事を言い始めたら収集つかなくなるのは明白です。

 

なのでプロサラでは

 

言いたい事は言わなくて良い

 

と考えています。

 

しかし!

 

言わなければならないことは、言わなければならない!

 

のです!

 

たとえそれが、

 

言いたくないこと、言いづらいことであったとしても、

 

それが言わなければならないことなら、言わなければならない!

 

ことを、我々サラリーマンは知っておかなければなりません。

 

では、

 

言わなければならないこととは何か?

 

我々サラリーマンの責務は

 

会社に利益をもたらすこと

 

です。

 

ですから単純に、言わなければならないことは何かと言えば

 

会社に利益をもたらすこと

 

です。

 

利益をもたらすこととは、金を稼げること、という意味ではありません

 

人であっても、金であっても、評判であっても、それが会社に利益をもたらすと判断したならば、言わなければならない

 

例えば、

 

A社とは長年懇意に取引してきたけれど、B社の方が安く仕入れられて、かつ、小回りよく対応してくれるのであれば、このことは上司や担当者に言わなければならない

 

C社の担当はDさんだが、Eさんは当社に転職する前の会社でC社の担当だったことがあるとのこと。Eさんは自分の仕事が増えるのではないかと思って課長に言わないが、会社の利益を考えるのであれば、EさんがかつてC社の担当だったこと、しかし、Eさんは現状で手一杯であるというところまで、課長に伝えなくてはならない

 

品質管理部で二重記録をつけている。これが表沙汰になれば会社の信用という利益は地に堕ちる。このことは偉い人に言わなければならない。もし、社長自ら二重記録の指示をしてるのであれば、それを誰かに言うことが会社の利益になるのか否かを自分で判断して、公にすることが利益になると判断するなら、言わなくてはならない

 

言わなければならないこと、つまり、会社に利益になるか否かを判断するのは難しいこともあります。

 

しかし

 

会社に利益をもたらすことが責務である我々サラリーマンは、言うこと、伝えることが利益になると判断すれば、

 

言うこと、伝えること自体も大事な仕事

 

になります。

 

会社の利益になることは、個人の不利益になることもあります。言いづらいこともあります。

 

ですが、

 

サラリーマンの責務を全うするなら、言わなくてはならない

 

とプロサラでは考えています。

 

子供のように言いたい事を言うのではなく、会社に利益をもたらすか否かを自分で判断するという過程を経て、言わなければならないのならば、言わなければなりません。

 

サラリーマンとして迷ってる方、悩んでいる方、ご相談下さい。

coconala.com

 

 

今日もお読み頂きありがとうございました!

 

以上、仕事が合わない、会社が合わない、スキルを磨きたい、キャリアを上げたい!

そんなサラリーマン達のコンサルタント

The Professional Salarymen

略してプロサラの阿部でした!