サラリーマン達のコンサルタント The Professional Salarymen

併せて転職16回。サラリーマン達のコンサルタントもしています!

自分にしか出来ない仕事などない! 今日の格言

仕事が合わない、会社が合わない、スキルを磨きたい、キャリアを上げたい!

そんなサラリーマン達のコンサルタント

The Professional Salarymen

略してプロサラの阿部です。

 

今日もプロサラの格言を一つご紹介します。

 

今日の格言

 

自分にしか出来ない仕事などない!

 

この考え方は、当ブログでも何度かお話しさせて頂いてますが、格言として、またお話しさせて頂きます。

 

貴方の周りにもいませんか?

 

自分だけで仕事を抱え込み、自分だけがその仕事を出来ると勘違いしてる人

 

ハッキリ申し上げますが、

 

その人しか出来ない仕事など、ない!

 

世の中、上には上がいるもので、自分より上手く仕事が出来る人、早く仕事が出来る人はゴマンといます。

 

その人がいなくなれば、出来る人を探して雇えば良いだけ。

 

「この仕事は僕にしか出来ないから」ななんていうのは

 

妄想でしかない!

 

なぜ、自分にしか出来ないと思い込み、仕事を抱え込むのか?

 

タイプは色々ありますが、

 

・自分の仕事を取られてしまうという危機感

・自分は有能であるという思い込み

・自分にしか出来ないと思い込む優越感

 

などなど。

 

ですが上述した通り、我々が知っていなくてはならないのは

 

自分より仕事が出来る人間はゴマンといる

 

ということ。

逆を言えば

 

今は自分が最も上手くその仕事をやることが出来る。

 

そこに胡座をかいている

 

のが仕事を抱え込み自分しか出来ないと考えてしまう根本

 

なのではないかとワタクシは思うのです。

 

胡座をかいた瞬間、成長は止まる

 

それを知っていれば、仕事を抱え込むことなどなくなるはずなんです。

 

では、胡座をかかず、仕事を抱え込まないためにはどうすべきか?

 

今は自分にしか出来ないと思っている仕事を、誰でも簡単に出来るように効率化して部下さんや他の人に渡して自分は新たな他の仕事に着手

 

したり

 

自分にしか出来ないと思っている仕事をそのまま敢えて部下さんや他の人に任せて、成長の材料にしたり

 

することも出来ます。

 

胡座をかかず、仕事を抱え込まずということは、

 

現状の仕事を改善したり、新しい仕事に着手したり、ルーチン化された仕事から出来るだけ早く脱却するのも一つのあり方

 

とワタクシは考えます。

 

胡座をかいたサラリーマンも仕事を抱え込むサラリーマンも、

 

倒産、リストラの目にあった時に対応出来ないサラリーマンの出来上がり

 

そして

 

リストラリストの筆頭

 

にも成り得る

 

我々サラリーマンは

 

仕事が自分にしか出来ないと思い込むこと、仕事を抱え込むことは

 

サラリーマンとしてリスクが高い!

 

しかも、このリスクは負っても帰ってくる見返りはリストラなど負の見返り

 

であることを我々は知っていなくてはなりません。

 

少し短いですが出張中なので、今日、明日は短めで。

 

今日もお読み頂きありがとうございました!

 

サラリーマンとしてお悩みのある方、ご相談下さい。

 

以上、仕事が合わない、会社が合わない、スキルを磨きたい、キャリアを上げたい!

そんなサラリーマン達のコンサルタント

The Professional Salarymen

略してプロサラの阿部でした!