サラリーマン達のコンサルタント The Professional Salarymen

併せて転職16回。サラリーマン達のコンサルタントもしています!

スキルを磨け!キャリアを上げろ! -1 今日の格言

仕事が合わない、会社が合わない、スキルを磨きたい、キャリアを上げたい!

そんなサラリーマン達のコンサルタント

The Professional Salarymen

略してプロサラの阿部です。

 

今日もプロサラの格言を一つお伝えします。

 

今日の格言

 

スキルを磨け!キャリアを上げろ!

 

昨日まで、組織に属するサラリーマンという仕事をやって行く上で最も重要なスタンス

 

・会社は我々を守ってはくれない

・会社はウソをつく

 

というお話をしました。

 

では、そんな世の中で我々がサラリーマンとして生きて行くためには、どうすれば良いのか。

 

プロサラが考える唯一無二の方法が

 

スキルを磨き、キャリアを上げること

 

勤める会社が倒産の目にあったり、業績不振でリストラされることは、我々サラリーマンには回避不能なことです。

 

本来は、倒産を防ぎ、リストラなどする必要がないような会社状況に我々サラリーマンが出来れば良いのですが、どうしても個人の力には限界がある。

しかも、会社の舵をとるのは役員達で、我々サラリーマンは彼等の指揮を信じて最善を尽くすしかありません。

 

その結果、倒産や業績不振でリストラ

 

となった時に、もちろん責任は経営陣にあるのですが、彼らをあーだこーだ言ったところで何も変わらない。

 

ピッカピカ船に乗ったはずが、いつの間にか泥舟になっていた

 

なんて話は良くあることです。

昨今の新聞紙上を賑わす大手電気メーカーなどが良い例ですね。

 

自分が乗っている船が沈むかもしれない、もしくは強制的に下船させられるかもしれない。

 

選択肢は2つしかない。

 

  • 沈むまで乗り続ける
  • 他の船に乗り換える

 

自分で船を造る(独立する)という選択肢もありますが、それはサラリーマンではないので、今回は選択肢から外します。

 

仮に、勇敢にも沈むまで乗り続けたとしましょう。しかし結果的には、3つの結果しかない。

 

  • 沈んでしまったので、船を乗り換えるしかなくなった
  • 沈む前に強制的に下船させられたので船を乗り換えるしかなくなった
  • 運良く沈まなかった

 

お判り頂ける通り、運良く沈まない限り、我々サラリーマンはいつでも船を乗り換えなければならなくなる可能性がある。

 

ほんと、運ですよね。

 

我々は自分ではコントロール出来ない船に乗ってるんです。その船が沈むか沈まないかなんて、誰にもわからない。

 

10年前まで盛況だった業界が、新しい技術や革新で衰退した例がたくさんあります。

 

写真のフィルム。昔は一般の人がみんな使っていたのに、今はニッチな商品になってしまいました。

 

自動車。エンジンや燃費性能を競い、大きくなり他業種の参入が難しかった文明の利器。今やモーターや電池開発に軸足を移し、IT企業や電気メーカーがこぞって参入してきています。20年後、大手自動車メーカーがどのような形で生き残っているのか、誰にもわかりません

 

今はピッカピカの船でも、5年後、10年後、20年後、まだピッカピカでいられるか、沈みゆく船になっているのか、誰にもわかりません。

 

だから、その船に乗り続けられかは「運」でしかない

 

とワタクシは考えています。

 

我々の人生を運任せにして良いのか?

 

必ず認識していなければならないのは、

 

会社は我々を守ってはくれないし、国も我々を守ってはくれない

 

もう、一億総中流、護送船団で国民みんな手を繋いでハッピーになろう!なんて時代じゃないんです。

 

サラリーマンが安定して、安泰な職業なんて時代じゃないんです!

 

起業する人、経営者が抱えるリスクはとてつもなく大きい。

 

でもですよ、我々サラリーマンは舵取りを人に任せた船に乗ってるんです。これは大きなリスクなのだと、我々は知っていなければならない。

 

自分の力では抗えない力が働いた時、我々サラリーマンは、上記の通り、下船するか、海に放り出されるしかなくなる。

 

貴方一人だけなら、難破しても生きていけるかもしれない。でも、貴方自身も守るべき人がいる船の船長だったり、これから船長になるかもしれない。そんな大切な人たちが乗った貴方の船もひきづられて沈む可能性もある。

 

運だけに頼るのではなく、我々サラリーマンは強制下船、難破に備えなくてはなりません。

 

その備えこそが

 

スキルを磨くことであり、キャリアを上げることであるとプロサラでは考えています。

 

明日、続けます。

 

今日もお読み頂きありがとうございました!

 

サラリーマンとしてどうすべきか、悩んでらっしゃる方はご相談下さい!

coconala.com

 

 

以上、仕事が合わない、会社が合わない、スキルを磨きたい、キャリアを上げたい!

そんなサラリーマン達のコンサルタント

The Professional Salarymen

略してプロサラの阿部でした!