サラリーマン達のコンサルタント The Professional Salarymen

併せて転職16回。サラリーマン達のコンサルタントもしています!

その仕事、“作業”になってない? 中堅社員が“ナゾの無気力”から脱出するのに必要なこと Yahooニュース

 仕事が合わない、会社が合わない、スキルを磨きたい、キャリアを上げたい!

そんなサラリーマン達のコンサルタント

The Professional Salarymen

サラリーマンよ、戦闘力を上げろ!

プロサラの阿部です。

 

今日もYahooニュースから現代サラリーマンを見て行きましょう。

 

今日のニュースはこちら。

headlines.yahoo.co.jp

 

 こちらの記事もまた、

 

我々プロサラと同じような思い、考えのことを書いてらっしゃる

 

ので、取り上げさせて頂きました。

 

記事では、仕事と作業の違いをこう言っています。

 

「仕事と作業は、完全に別物です。仕事には必ず『目的』があります。そして、目的を実現するために知恵を絞り、工夫する行為こそが仕事なのです。一方、作業には目的がありません。自分の業務が最終的に誰のもとに届き、どんな価値を生むのか。それを実感できないままマニュアルを渡され、管理されている状態です」

 

プロサラでは過去の記事

www.prosalarymen.com

 

でこう言っています。

 

「例え結果は同じであっても、自分で考え、より良い結果になるように改善、工夫をして業務に取り組んでいくことによって、作業が仕事になっていきます。」

 

更に言わせて頂ければ、

 

特に管理部門系では、仕事を作業化することこそ、重要な仕事であり、作業化すれば、大抵の人に任せることが出来るようになります。

仕事の効率化、平準化、単純化を図り、作業化して他の人にその作業をお願いし、自分はまた他の仕事に取り組む。

 

このサイクルを作れると、全体の仕事の流れがスムーズになって行きます。

 

また、ニュース記事ではこうも言っています

 

「仕事に目的を与えるのは、自己成長と誰かの幸福」

 

これも仰る通りで、ワタクシなりの解釈をしますと、

 

自分が受けをっている仕事に「なぜ?」を問いかける。

 

その「なぜ?」は、会社に対する「なぜ?」と自分自身に対する「なぜ?」

 

この仕事をすることで、会社に何がもたらされるのか。お客様満足のためか、商品開発のためか、社員満足のためか、などなど。

 

また、この仕事をすることで、自分に何がもたらされるのか。スキルアップか、自分自身の満足感か。

 

いつもお話している通り、

 

我々サラリーマンの本懐は会社に利益をもたらすことです。

自分の仕事がどういった形で会社の利益に貢献していくのか、これを把握していなくては、ただ目の前の作業をこなしているだけになってしまいます。自分の仕事の理由を考え、わかった時に、

 

もっと良い結果、もっと効率的にと考えていくと、素晴らしい仕事が出来ると思います。

 

また、そういったことを考えて、仕事に取り組んでいくことで、スキルが磨かれ、サラリーマンとしての武器も強くなり、幅が出てきます。

 

ニュースも読んで見て下さい。同じようなことを仰ってます。

 

そしてニュースでは

 

「自分のやりたいことがわからないから、自己成長のビジョンも浮かばない

そんな人には、

やりたいことを見つけるコツは、遠い目的ばかりを考えないこと。十年先の未来なんて誰にもわかりません。まずは目先の2~3年間、なにを目指すのかを考えましょう。」

 

と言ってます。

 

プロサラでは、もう少し長いですが7年後のご自分の夢や希望をお伺いしています。

 

7年後にどんな人たちと、どんな生活を送り、どんなモノを食べ、どんな日常を送っていたいか。

その夢や希望を叶えるためには、今、何をしなくてはならないか。

その今すべきことは現社で出来るか。出来るならばどうすれば出来るか。

出来なければ転職を視野に入れる。転職には高いリスクが伴う。なので、現社を離れたいという思いだけでは、そのリスクをカバーしきれない。なので、大事になって来るのが、次の会社に行けば、貴方の7年後の夢や希望を叶えられるか否か。

 

これをプロサラでは各相談者さんに個別にアドバイスしています。

 

ニュースでは最後に転職に関しても触れています。

とてもステキなことを仰ってると感じるのは、

 

「成長産業への転職は賭け。ですが、リスクヘッジばかりしていてはリターンは得られません。人生の価値を見出せない職場で守りに入るくらいなら、成長産業に飛び込んでチャレンジしてほしいですね」

 

これも常々申し上げておりますが、

 

リスクを取らなきゃリターンはない!

 

現状に胡座をかかず、リスクを取って戦って行かないと、憂き目に会うのが現代サラリーマン。

リストラされても会社が倒産しても、行きていけるよう、日々精進して、スキルを磨き、キャリアを上げて、サラリーマンとしての戦闘力を上げて行く。

 

我々プロサラの本懐です。

 

ウンウンとうなづきながら読める、ワタクシにはとても共感できる記事でした。

ありがとうございました。

 

サラリーマンとして迷い、悩んでる方はご相談下さい。

 

coconala.com

 

今日もお読み頂きありがとうございました!

 

以上、仕事が合わない、会社が合わない、スキルを磨きたい、キャリアを上げたい!

そんなサラリーマン達のコンサルタント

The Professional Salarymen

サラリーマンよ、戦闘力を上げろ!

プロサラの阿部でした!