サラリーマン達のコンサルタント The Professional Salarymen

併せて転職16回。サラリーマン達のコンサルタントもしています!

「業績不良」で解雇、IBMに無効命じる判決 東京地裁 Yahooニュース

仕事が合わない、会社が合わない、スキルを磨きたい、キャリアを上げたい!

そんなサラリーマン達のコンサルタント

The Professional Salarymen

サラリーマンよ、戦闘力を上げろ!

プロサラの阿部です。

 

今日もYahooニュースから現代サラリーマンを見て行きましょう。

 

今日のニュースはこちら。

headlines.yahoo.co.jp

 

IBMに勤めていた元社員が、仕事の成果が出ないことを理由に解雇されましたが、解雇は無効だと裁判を起こし、裁判所も解雇権の乱用だと認め、解雇後の給与の支払いを命じた。

 

とのことです。

 

なぜ、この記事が気になったか。

 

外資系ではよくある話

 

なんですが、

 

我々サラリーマンはいつでもこういったことが起こりうることを知っておかなくてはならない!

 

ということです。

 

外資系企業は、日本においても結構、

 

解雇します

 

よね。

ワタクシが勤めていた某外資系スポーツメーカーでも、

 

結構、解雇されていた人がいました。

 

解雇された人に直接、なぜ解雇されたのか聞いたのですが、

 

本人もよく分からず、結果が出ていないからと部長に呼び出されて言われ、1ヶ月の予告手当だけを受け取って辞めて行きました。

 

かく言うワタクシも

 

同じ部長に呼ばれ、

このままだと給料下がりますよ!

と脅され、このままではヤバい!

ということで、ワタクシは自ら辞めて他の会社に動きました。

 

退職願を課長に提出したのですが、課長から

 

なぜですか?

 

と聞かれ、何も聞いていないのかと思い、

 

部長に給料下げますと言われたからです。日本の法律では給料下げたり解雇することは原則認められてないはずです。そのような会社に勤め続けることは、ワタクシにはできません。

 

と、答えたところ、

 

またか...。給料には触らないでくれと言っておいたのに...

 

との回答。

 

またか、なのか!

 

課長から部長にワタクシの辞意が伝わりましたが、特に部長からは何も言われず、喫煙所で部長に会いました。

 

なにか、怒っているような表情...

 

一服も終盤で、重たい空気の中、ワタクシから口を開きました。

 

ワタクシ: 退職の件は、お聞きになりましたか?

 

部長: ええ、聞きました。

 

シーン...

 

しゅーりょー

 

表情が怒っているということは、

 

ナンで辞めるんだ?給料下げるって言われたからって辞めるのか?

 

と思っていたのでしょうか。だとしたら、

 

当たり前だ!

 

伊達にスキルを磨いてキャリアを上げて来たわけじゃない!

いつだって、こういう事を言われる覚悟は出来ている!

そんな脅しをかけられて、むざむざ給料下がるのを待つような、座して死を待つるもりはない!

 

という意気込みはありましたが、

 

実際はヒヤヒヤもんでした!

 

この時は、パワハラ会社をやっと抜け出して転職して、まだ1年経ってませんでしたし、もう、サラリーマン続けるのも疲れたなと思って、自分でナニかやるかと、退職願を出したまでは良いですが、不安でいっぱいでした。

 

たまたま、パワハラ会社の前に勤めていた会社の社長から突然、電話があって、

 

今、何してるんだ?

なんだ、そうか。暇なら仕事しに来い!

 

と言われ、結局、出戻りでその会社に再度お世話になることになり、サラリーマンを続けることが出来ました。

 

社長、ありがとうございました!

 

とまあ、ワタクシの外資での経験を書かせてもらいました。

 

なので、

 

今日のニュースも良くあること

 

だと、思うわけなんです。

 

ワタクシは、たまたま元会社の社長に救われましたが、たまたまのラッキーです。

でも、このラッキーを引き寄せたのは、

 

不断の努力でスキルを上げ続けたから!

 

と自分では良いように解釈しています(笑)

 

実際、貴方が会社から連休明けの火曜日に突然呼び出されて、

 

解雇予告を言い渡されたらどうしますか?

 

そんなの違法だ!

 

と、いったところで状況は変わらないでしょう。

裁判で勝ったとして、

 

その会社に戻れますか?戻りたいですか?

 

現実問題、難しい。

 

だから、先ずは

 

・我々はいつでも解雇、リストラされる可能性があることを肝に命じておく

 

・そうならないように、いつも脇を締めて、スキルを磨き、キャリアを上げる努力を怠らない

 

・それでも解雇・リストラされたら、ギリギリまで粘って会社に慰留し、直ぐに磨いたスキルと上げたキャリアを全面に出して転職する。

 

いつも言ってますが、

 

明日は我が身です。

気を引き締めて、脇を締めて、サラリーマン稼業を甘く見ず、精進しましょう!

 

サラリーマン稼業に悩んでる方、迷ってる方。いつでもご相談下さい。

 

coconala.com

 

今日もお読み頂きありがとうございました!

 

以上、仕事が合わない、会社が合わない、スキルを磨きたい、キャリアを上げたい!

そんなサラリーマン達のコンサルタント

The Professional Salarymen

サラリーマンよ、戦闘力を上げろ!

プロサラの阿部でした!