サラリーマン達のコンサルタント The Professional Salarymen

併せて転職16回。サラリーマン達のコンサルタントもしています!

中小企業で出世するのは、大企業より簡単か? Yahooニュース

仕事が合わない、会社が合わない、スキルを磨きたい、キャリアを上げたい!

そんなサラリーマン達のコンサルタント

The Professinal Salarymen 略してプロサラの阿部です。

 

昨日、出張から戻りました。

また、正常運転で行きましょう!

 

今日もYahooニュースから現代サラリーマンを見て行きたいと思います。

 

今日のニュースはこちら

 

headlines.yahoo.co.jp

 

んー。

この記事によりますと、

 

中小企業で出世するのは、大企業で出世するより「楽」

 

という言い方をしてます。

 

今日も完全に私見でお話をしますが、大企業に比べれば、中小企業で役職に就くということは、容易でしょうね。

 

何と言っても、

 

中小企業はポストに対して社員数が絶対的に少ない

 

そう言った意味では、記事で言っているように

 

ライバルは少ない

 

それはそうなんすが、

 

どうにもこの記事の言い方がとても大企業目線で気に入らない(私見です、すみません)

 

中でも気に入らないのが

 

中小企業は競争の質が低い

 

と言い切ってます。

この記者さんのロジックからいうと、サラリーマンの質の高い競争とは、

 

色々な部署を回って色々なスキルを身につけて、多くの社員が同じようなスキルを身に付けて切磋琢磨して競争していくこと

 

なのでしょう。

 

果たしてそうでしょうか。

専門的な知識、経験を積んで切磋琢磨していくことも、決して質の低い競争とは言えないと個人的には思います

 

 

そもそも、サラリーマンの競争に「質」という考えを持ち込みべきなのか、と疑問に思います。

 

なので、このサラリーマン競争の「質」の話は、ワタクシ的には大した問題ではないので、この辺でやめておきます。記事の批判もしたくないので。

 

ただ、

 

この記事の中身はワタクシ的にはどうでも良いのですが、

 

サラリーマンの出世

 

というものを考える機会を与えてくれるかなとは思います。そう言った意味では良い記事です。

 

さて、

自分自身に問うてみましょう。

 

なぜ、自分は出世したいのか?社内で競争するのか?

 

出世するとこによるメリット。

多くの方は

 

給料が上がる

 

なのではないでしょうか。

 

では、再度、問いましょう。

 

部長で年収500万。

係長で年収700万。

貴方はどちらを望むか。

 

こう言った自問自答をしていくと、なぜ自分が出世したいのかが見えてきます。

 

金なのか

地位なのか

見栄なのか

やり甲斐なのか

 

これは、

 

サラリーマンをやっている以上は、避けては通れない問題

 

です。そして、

 

サラリーマンとして何を遂げたいのか

 

という

 

サラリーマンとしての夢、希望、目標

 

に直結していくとても大事なことです。

 

ちなみに、ワタクシの場合は、

 

最終的には金

 

ですね。

以前からお話ししていますが、あまり経済的に裕福な状態ではなかったので、

 

金に対する執着心はかなり高い

 

でも、ですね。

あまり一義的な金の稼ぎ方はしたくないんですね。

 

地道にスキルを磨いて、キャリアを上げて行けば、

 

金は後から付いてくる....はず!

 

という考えでサラリーマンを続け、転職を繰り返して来ました。

 

結果は?

まだ、45歳なので、ひよっこサラリーマンの域を脱しませんが、

 

まあまあ、納得満足行く待遇を頂いていると思います。

 

当然、ここが終点ではないので、現状に甘んじず、精進して行きますが、

 

途中結果としては、悪くない

 

ムリクリ出世したり、自分のスキル、スペック以上の待遇でキャリアを上げて出世しても、

 

ロクなことはないし、長続きしない

 

というのが、ワタクシ個人の見解です。

 

高待遇で年収1200万で迎えてもらって、でも1年でクビになったり、自ら辞めて、働けない時間が出来たり、年収落とすくらいだったら、

 

少しづつでもスキルを磨いて、少しづつでも給料上げて行った方が賢明

 

と思っています。

なんども言いますが個人の見解です。

 

なので、ワタクシの場合は

 

自分のスキルに見合った給料をもらえるのであれば、肩書きは関係ない

 

というのがポリシーです。

 

正直に話せば、同窓会の時や、以前の会社の同僚に会った時に少しでも職制の高ければ鼻は高くなるし、会社同士の交渉でも職制が高い方がやり易いことも多い。なので、職制が高いに越したことはないですが、

 

部長で500万と係長で700万だったら、

 

迷わず係長で700万

 

をワタクシは選びます。

 

こういったことを、たまに自問自答するのは、自分で自分に刺激を与えるので良いと思いますよ!

 

そんなサラリーマン、迷ったり、悩んでる方はご相談下さい。

 

coconala.com

 

今日もお読み頂きありがとうございました!

 

以上、仕事が合わない、会社が合わない、スキルを磨きたい、キャリアを上げたい!

そんなサラリーマン達のコンサルタント

The Professinal Salarymen 略してプロサラの阿部でした!

 

 

 

 

 

そう思います。