仕事が合わない、会社が合わない、スキルを磨きたい、キャリアを上げたい!そんな貴方の強い味方。プロのサラリーマン育成所

併せて転職16回。プロのサラリーマンである我々が迷えるサラリーマンを救います。仕事が合わない、職場が合わない、こんなはずではなかった、高みを目指したい、スキルを磨きたい、キャリアを上げたい!そんな悩みや苦悩をお持ちの方。先ずはご相談ください。

仕事が合わない!でも、転職活動にはやり方がある!-最終回/ 転職失敗! 二次面接スタート

仕事が合わない、会社が合わない、スキルを磨きたい、キャリアを上げたい!

そんな貴方の強い味方

プロのサラリーマン育成所 所長の阿部です。

 

目次

  1. 仕事が合わない!でも、転職活動にはやり方がある!-最終回
  2. 転職失敗体験談 二次面接スタート

 

1. 仕事が合わない!でも、転職活動ぬはやり方がある!-最終回

 

本編、最終回になります。

転職活動の最後は、

 

内定を取って、入社することを決めた後

 

ですね。

 

入社することを決めたら、

GO GO GO!

 

です。

そんなこと、当たり前じゃんと思うかもしれませんが、

 

結構、入社することを決めたのに、

 

直前になって、

 

ヤッパリやめようか...

 

とか

 

本当に大丈夫かな...

 

とか

 

入社して数日して

 

なんか違う感じがするなー...

 

とか、なるんですよ。

 

かくゆうワタクシも、なんどか経験があります(笑)

 

特に、転職入社してから、数日から1、2週間って

 

あー、前の会社の方が良かったなー...

 

と思いがちです。

前の会社なら、こんな時はこんな風に対応出来たし、誰々さんがフォローしてくれた。ここでは誰もフォローしてくれない

 

とか

 

前の会社なら、あんなことも出来たのに、今回の会社はあんなこともさせてくれない

 

とか

 

転職したことがある方はそんな経験ありませんでしたか?

ワタクシはあります(笑)

 

でもね、これもワタクシは良く言ってますが、

 

言ってもしょうがないことを言っても、しょうがないんです。

 

だったら、

 

言ってもしょうがないことは言わない!

 

そうならないように、

 

内定を取った後にStopして熟孝したはずです。

 

だから

 

内定を取って行くと決めたら

GO GO GO

 

なんです!

 

もう、決めたんです!走り始めたんです!後ろを振り返ってる暇があったら、前を見て夢と希望に向かって突き進むんです!

 

それが、転職です!

これが、転職なんです!

 

まあ、会社のウソや隠し事を見抜けずに、それどころじゃなくなることも、正直あるのですが....

 

そうならず、今の会社とどう向き合い、これからどうして行くべきか。もし、転職が最善の道!と決めた時にもフォローやアドバイスをしてくれるのがこちら!

 

coconala.com

 

いつでも、ご相談お待ちしています!

 

 

2. 転職失敗体験談 二次面接スタート

 

時刻は18時。少し早めに面接を受ける駅に降り立ち、自分を落ち着かせるために喫茶店で一服しながら、面接のシミレーションをやります。

 

今回の面接官は多分2名。

上司になる財務部長と経理課長。

財務部長は女性で経理課長は男性とエージェントは言ってました。

 

実質的な仕事の話になれば、自分の土俵にはなるのですが、ワタクシは

 

なんと言ってもバリバリのベンチャー叩き上げ

 

なので、

 

大きな組織で自分に与えられた業務を淡々と粛々とこなすのは、あまり得意ではありません。

 

いや、出来るんですよ、モチロン。

 

得意ではない、というより、好きじゃない

 

でも、

 

今の会社に居続けるという選択肢だけはナイ!

 

ので、

 

進むしかない!

 

と自分に言い聞かせ、面接に向かいます。

 

インターホンを押して、中に入れてもらい、相変わらずド派手なエレベーターで指定された階に降りると、男性が待っていてくれました。

 

課長: 阿部さんですね。お待ちしていました。

 

ワタクシ: 阿部です。本日はよろしくお願いします。

 

課長: ではこちらでお待ちください。

 

会議室に通されて、しばらく待ちます。

 

心の声: あの課長、俺と同年代だよな。しかし、あの課長も残って仕事してる人も、もの凄くラフな服装で仕事してるなー。

 

そう、この会社は服装自由!

中には、短パン、Tシャツ、サンダルというツワモノもいます

 

まあ、服装で仕事するわけじゃないから良いけどね。でも、やっぱりグローバルに力持ってるブランドは違うなー

 

とワタクシは感じてしまうわけです。

ワタクシは長年渡り歩いていたベンチャーは、力も弱く、大きな会社に吹かれれば吹き飛んでしまうようなところばかりです。だから、いらないところで足元を見られないように、

 

ワタクシはどんなにクソ暑くてもネクタイを外しません。

 

ネクタイはワタクシに取って、戦場で戦う兜であり、スーツは鎧なんです。

 

ベンチャーの仕事は日々が戦場。そこで兜も被らず、鎧を纏わずに戦うことなど出来るか!

 

というのが、ワタクシのポリシー。

 

なので、どんなにクソ暑くてもネクタイ、スーツは絶対なのです。

いや、他の方がノーネクタイやクールビズでラフな格好をするのは全然良いと思うんですよ。あくまで、ワタクシ個人のポリシーですから。

 

そんなことを考えていると

 

お待たせしてすみませーん

 

とワタクシより少し上の女性と先ほどの男性が入って来ました。

 

Sさん:  では、始めましょう。部長のSです。こちらがマネージャーのIさん。

 

Iさん: Iです。

 

ワタクシ: 阿部と申します。本日は宜しくお願いします。

 

次回予告ー!

二時面接実況!

 

本日もお読み頂きありがとうございました!