サラリーマン達のコンサルタント The Professional Salarymen

併せて転職16回。サラリーマン達のコンサルタントもしています!

職場のミスマッチ はなぜ起こるのか/ 転職失敗! 脱出作戦会議!

仕事のミスマッチ、職場のミスマッチ、スキルを磨きたい、キャリアを上げたい!

そんな貴方の強い味方

プロのサラリーマン育成所 所長の阿部です。

 

目次

  1. 職場のミスマッチはなぜ起こるのか
  2. 転職失敗体験談 脱出作戦会議!

 

1. 職場のミスマッチはなぜ起こるのか

 

昨日もお話しましたが、

 

職場のミスマッチは何時でも何処でも起こりうる

 

ことです。

例えば、

 

上司が辞めて、新しい上司が転職して来たら、パワハラ野郎だった

 

とか

 

社長が突然、中国に出店したいと行って、自分をそこの責任者にすると言い始めた

 

とか

 

部下が突然辞めてしまったので、その人の仕事が全部こちらに回って来て、仕事が終わらない。人員補充もない。

 

とか。

 

いくらでも起こりうるわけです。

 

そもそも、職場のミスマッチとは

 

自分が思い描く夢や希望にマッチしない環境

 

です。

 

短期的なことなら、勤め人である以上はある程度、許容出来れば許容していく

 

のでしょうが、

 

職場環境の変化で、その職場環境に居続けては、自分の夢や希望に近づけない、遠ざかる

 

と行った場合には、

 

職場の改善を図る

 

それでダメなら

 

適した環境の職場を探す

 

しかありません。

一番ダメなのは

 

長期間、ガマンする

 

これ、ダメです。

短期的ならガマンも出来るかもしれないし、展望もあるかもしれない。

でも、長期間ガマンすると、

 

歪みが発生します

 

自分自身に歪みが出ると、健康を害したり、正常な判断が出来なくなったりして来ます。

 

なので、

 

いつ、どんな状況なら動くか、見極めが必要です。

 

 

2. 転職失敗体験談 脱出作戦会議

 

そこに集いし4人は各々の現状を話し始めました。

 

共通しているのは、全員が

 

会社の業容拡大のために、ここ一年以内に集められた

 

プロのサラリーマンであったこと

 

皆さんそれぞれ、経験豊かな方々でした。

 

Aさん: 僕はね、何社か渡り歩いて前職は外資系大手科学メーカーのマーケ部長だった。

ここで役員で迎えられて、面白いこと出来るかなと思ってたけど、もう無理っぽいから、独自に次を探そうと思う。

 

Kさん: 僕は都銀の人事に居たんですけど、もっと色々なやってみたいと飛び出して、数社回ってここに来ました。前人事部長が居た時は良かったんですけど、自分では副社長とFを抑止しきれない。

チョッとこれ以上続けるのは無理っすわ

 

Tさん: 僕もね、英語教材の販売会社とか、色々なところで仕事してきましたけど、ここはチョッと酷すぎますわ。あの仕事の押し付け方とか、回し方はない。

見つかるかわかりませんけど、次を探そうと思います。

 

わたくし: わたくしは銀行を皮切りにここが8社目。仕事が出来てスキルとキャリアを詰めれば少々のことは問題ないのですが、どうにもそういったことが積める環境になさそうなんですよね。

既に次を探し始めてます。

 

全員が、この会社に見切りをつけて、次を探すということが判明しました。

 

当然、探すのは個人ですし自由なんですが、1つだけ取り決めをしました。

 

次が決まったら、真っ先に我々に報告する

 

残される方は、ドンドン立場が窮屈になってきます。

 

先に社長、副社長、Fに伝わると

 

自分にどのような火の粉が飛んでくるかわかりません

 

飛んでくる火の粉は被らざるを得ませんが、先に状況を知っているのと、突然、上から言われるのでは対応の仕方も変わってきます。考える時間と余裕が出る。

 

なので、

 

次が決まったら決まったで、目出度いことなので、皆に報告して次に行く

 

ということになりました。

 

ババ抜きんヤン(笑)

 

次回予告ー!

国税現る!

 

いつもお読み頂きありがとうございます!

読んで頂いて、なんかモヤモヤしている貴方!

逆に心が熱くなったあなた!

メール下さい!

pro.salarymen@gmail.com

 

応援もお願いしまーす

にほんブログ村 転職キャリアブログへ
にほんブログ村


転職・キャリアランキングへ

 

 

以上、仕事のミスマッチ、職場のミスマッチ、スキルを磨きたい、キャリアを上げたい!

そんな貴方の強い味方

プロのサラリーマン育成所 所長の阿部でした!