サラリーマン達のコンサルタント The Professional Salarymen

併せて転職16回。サラリーマン達のコンサルタントもしています!

あなたは自分をいくらで雇いますか?達人が教える「転職の自己PR必勝法」 Yahooニュースより

仕事のミスマッチ、 職場のミスマッチ、スキルを磨きたい、キャリアを上げたい!

そんな貴方の強い味方

プロのサラリーマン育成所 所長の阿部です。

 

今日も1つ、Yahooニュースの人事ネタを私見を交えてお届けしたいと思います。

 

目次

  1. 本日のYahooニュース 人事ネタのご紹介
  2. 私見
  3. まとめ

1. 本日のYahooニュース 人事ネタのご紹介

 

本日ご紹介するYahooニュースはこちら!

 

あなたは自分をいくらで雇いますか?達人が教える「転職の自己PR必勝法

 

headlines.yahoo.co.jp

 

NIKKEI STYLE 様の記事ですね。

 

さて、こちらの記事ですが、先ず2つ言っておきたいことがあります。

 

1. 記事の趣旨が良く分からない

 

なにを伝えたいのか、よくわかりません。纏まっていないというか、話が漠然としている。どうも、転職をしたことがない人が理想論を語っているように見えます。

 

2. 達人ってなんの達人?

 

1ともかぶるのですが、言っていることが良く分からないため、なんの達人かも良くわかりません。

 

2. 私見

 

記事に対する私見より先に、チョッとお話しておきたいことがあります。

 

良く見かけるのですが、

 

実際に転職をしたことがない人

 

とか

 

たくさんの人を面接してきた人

 

とか

 

転職エージェントとして沢山の人を転職に導いてきた人

 

がコメントやアドバイスをしているのをお見受けすることがあります

 

わたくしに言わせれば、

 

転職したことがない人や、転職者の目線や思いが分からない人が、上から偉そうに意見するな!

 

と常々感じているから、

 

転職10回のわたくしと、転職6回の山田が育成所を作った

 

わけです。

 

我々は

 

自分の会社側の時は面接官であり、会社の論理に立った採用、面接を行います。

 

しかし、育成所の所長の時は

 

仕事のミスマッチ、職場のミスマッチがあった人、はたまたスキルを磨きたい、キャリアを上げたいと願っているのに、どうすれば良いかわからず、悩み、もがいている人たち

 

そんな人たちに

 

自分達が通ってきた実体験からアドバイスや考え方を伝授できます。

 

我々のように、6回も10回も転職せずに、皆さんの夢や希望を叶えるために最短の道を考えられます。

 

転職が必要ならば

 

なにを注意し、なにを重んじるべきか!

 

を知っています。

 

確かに、採用する側からの目線も参考にはなります。

 

そして、自分の夢や希望を叶えるのに、転職が有用なこともあります

 

ですが、転職は1つの手段であって軽はずみにやるものではなく

 

また

 

そこには、非常に高いリスクがある

 

だから、

 

採用する側の考えだけを聞いて、ただ転職をすることだけを目的、目標にするのは非常に危険

 

なわけです。

 

最初は我々もそうでしたから。

 

だって、教えてくれる人がいなかったから。

 

この記事のように、ありきたりの話や、転職エージェントから話は聴けました。

 

でも、実体験やリスクを教えてくれる人は、ほぼいなかった。そして、リスクを踏まえつつ、どうすべきかを教えてくれる人は皆無だった。

 

本記事を書かれた方も、なんらかの思いや体験があるのでしょうが、

 

どうにも薄っぺらい表面的な記事

 

としか読めませんでした。

特に

 

転職は人の人生を左右する人生の転機

 

なわけです。

 

軽はずみに、こうすれば良い、ああするべきだ、なんて言って欲しくない

 

のです。

 

ただ、今回の記事でも、ごもっともなことは書いてありました。

 

主題にもなっている

自分をいくらで雇いますか

 

という考え方は大事です。

記事では、採用側に立って自分をいくらで雇うだろうか、という視点です。

 

わたくしは、違う視点で同じような趣旨のことを書いています。

nariagarimans.hatenablog.com

 

3. まとめ

あまり、記事に対して批判めいたことは書かないのですが、今回の記事は、逆に考えさせられることがあったので、あえて苦言を呈しました。

わたくしの私見はあくまでも一個人の私見です。ですので、わたくしの意見が皆様の参考になれば幸いです。

 

NIKKEI STYLE様、失礼しました!

 

仕事のミスマッチ、職場のミスマッチ、スキルを磨きたい、キャリアを上げたい!

そんな貴方の強い味方

プロのサラリーマン育成所 所長の阿部でした!