サラリーマン達のコンサルタント The Professional Salarymen

併せて転職16回。サラリーマン達のコンサルタントもしています!

一流の社長は「泣いている社員」を放置しない Yahooニュースより

仕事のミスマッチ、職場のミスマッチ、スキルを磨きたい、キャリアを上げたい!

そんな貴方の強い味方

プロのサラリーマン育成所 所長の阿部です。

 

 目次

  1. 今日の人事ネタYahooニュース
  2. 私見
  3. まとめ

1. 今日の人事ネタ Yahooニュース

本日も、Yahooニュースから気になる人事ネタを一つ、私見を交えてご紹介したいと思います。

 

本日、ご紹介するニュースはこちら!

一流の社長は「泣いている社員」を放置しない

headlines.yahoo.co.jp

東洋経済オンラインさんの記事です。

筆者はPHP研究所の元社長 江口 克彦様のようです。

 

こちらの記事

感想としては

 

うん、良い社長さんだね(棒読み)

 

なぜ、ニュース記事になっているのかも良くわかりません。

 

社員にとって、こんなステキな社長さんっているのねー

 

くらいの気持ちで読んで頂ければと思います。

 

 

2. 私見

では何故、この記事を取り上げたか。

わたくしは

 

プロのサラリーマンとして、全く逆の立場で全く同じことを考えているからです。

 

我々サラリーマンは、「泣いている社長」を放置しない

 

「泣いている」というのは若干語弊がありますが(笑)、中小企業の社長さんは、結構、苦境に立たされます。

 

資金繰り

商品が売れない

人が辞める

 

などなど、気の休まる暇がないのが社長です。

 

そんな社長がいる、そんな時

 

我々プロの出番です

 

これも常々言ってますが、

 

会社は我々を守ってはくれない。でも

我々サラリーマンは会社を守れる

 

会社を守るということは、社長を守ることも含みます。

 

以前、勤めていた会社の話です。

いまでも尊敬している社長が率いるベンチャーだったのですが、いかんせん

 

金がない

モノが売れない

 

そんな会社でした。

 

夢はデカい!

でも、夢だけではメシは食えない!

 

まさにそれを体現する会社でした(笑)

 

金がないと、もちろん社員の給料、取引先への支払い、税金等の支払い、などなど窮してきます。

 

会社がそんな状態のとき、我々に出来ることはなんでしょう?

 

わたしが当時考えたのは

 

資金集め

支払が出来ないところへの「ごめんなさい行脚」

 

でした。

資金集めに関しては、銀行から借りればいいじゃんと思うかもしれませんが、そもそもこういう会社に

 

銀行は金を貸してくれません(笑)

 

もと、銀行屋だから断言します。

 

オレでも貸さねー

 

まあ、だから銀行なんか大っ嫌いですし、クソだと思ってますし、辞めたんですけどね(笑)

 

じゃあどうするか。

ベンチャーなので

 

投資してくれる方を探して、お願いして回る

 

わけですよ。

ほとんどは社長と一緒に行くわけですが、まー

 

しんどい

 

っすわ。慣れてくると、少額の投資家さんなかには一人で行くわけですが、まー

 

しんどい

 

っすわ。

 

でも、前向きな話なので、なんとかビジネスの説明をして、ご賛同頂けるようにお話して回るわけです。

 

結構、集めましたけどね(笑)

 

問題は

 

支払が出来ないところへの「ごめんなさい行脚」

 

でした。

 

そんなの、社長が行くべきジャン

 

と思うかもしれません。でもですね、

 

社長は最後の砦

 

なんですよ。

金がないんです。いつ払えるかも、わからないんです。

 

社長が直接行ってしまったら、そこで支払日は確定しまうんです。

 

だから、わたくしが行くんです。

そうです。

 

時間稼ぎです

 

社長は言います。

いいよ、阿部くん、わざわざ行かなくて。電話ですませなよ。

 

わたくしは言い返します。

 

こういうのは誠意の問題です!直接お会いして、頭を下げるべきです!

 

と言って、

 

7桁の支払いが滞っている取引先に、1万円だけ握りしめて謝罪に行くわけです。

 

もうね、

 

針のむしろ

 

というのはこのことです。

罵倒する会社もあれば、同情してくれる会社もあります。

この辺の話は、また別にブログで話をしていきたいと思います。

ものすごーい体験を色々してますので。

 

この支払が出来ないところへの「ごめんなさい行脚」の肝は

 

社長に行かせない、社長に行って来てくれと言わせない

 

そう

 

自ら死地に臨む

 

これです。

逆に、

 

阿部君、どこどこに支払い出来ないから謝ってきてくれないか?

 

なんて言う社長の会社は

 

辞めて良し

 

社長の風上にも置けない。

 

社長が苦しんでいる、会社を守るために、オレが行く!でも、オレという防波堤が決壊したら、

 

しゃちょー、後は、おねがいしまーす!

 

という状況が会社を守れるのだと、わたくしは思っています。

 

お陰で胃に穴が開きましたが(実話)(笑)

 

そして、こうして会社を社長を守っていく仕事をしていくと

 

スキルが勝手に磨かれます

キャリアが勝手に上がります

 

あまり、必要のないスキルやキャリアですが(笑)

 

3. まとめ

まあ、好き勝手に体験談を交えて書きましたが、まとめますと、

 

我々プロのサラリーマンは会社を守るべく、やれることは全てやる!

 

ということです!

 

以上、仕事のミスマッチ、職場のミスマッチ、スキルを磨きたい、キャリアを上げたい!

そんな貴方の強い味方

プロのサラリーマン育成所 所長の阿部でした!

 

ご意見、ご質問、お待ちしてます!

いつもの通り、お代は頂戴していません!

pro.salarymen@gmail.com