仕事が合わない、会社が合わない、スキルを磨きたい、キャリアを上げたい!そんな貴方の強い味方。プロのサラリーマン育成所

併せて転職16回。プロのサラリーマンである我々が迷えるサラリーマンを救います。仕事が合わない、職場が合わない、こんなはずではなかった、高みを目指したい、スキルを磨きたい、キャリアを上げたい!そんな悩みや苦悩をお持ちの方。先ずはご相談ください。

仕事のミスマッチ! それでもやることはやる。サルでも作れる資料

仕事のミスマッチ、職場のミスマッチ、スキルを磨きたい、キャリアを上げたい!

そんな貴方の強い味方

プロのサラリーマン育成所 所長の阿部です。

 

目次

  1. 仕事のミスマッチ 転属辞令が出た時
  2. 転職失敗体験談 サルでも作れる資料作り
  3. まとめ

1. 仕事のミスマッチ 転属辞令が出た時

 

実は、わたくしも転属辞令が出た時がありました。

わたくし、ベンチャー勤務時代は

 

バリバリの経理屋

 

でした

そんな、わたくしに当時の管理部長は

 

阿部ちゃん、総務やらない?

 

と、内示を持ちかけました。

経理と総務。同じ管理部門ですが、

 

仕事は全く違います!

 

なので、そこで経理屋を辞めて総務屋になるということは、

 

サラリーマン人生の方向が変わる

 

可能性を含んでいます。

経理屋としても、まだまだ、わたくしは未熟でした。でも、

 

経理屋として成り上がって行く

 

道筋を付けて、修行に励んでいました。

そんなわたくしに、突然の宿主変更の内示。

 

悩みました。

 

一応、管理部長に理由を聞いたところ、

 

バランス感覚が良いから

 

との回答。

 

総務屋はバランスが命

 

らしい。

 

こんなことは、サラリーマンやってれば誰にでも起こりうることです。

 

貴方なら、どうしますか?

 

わたくしの対応は明日、続けます。

 

 

2. 転職失敗体験談 サルでも作れる資料作り

 

さて、転職失敗先で再転職活動をしながらも、少しづつ、やれる事をやり始めました。

 

現金出納帳

 

を変えました。

さて次はと考えていました。もちろん、日常業務をやりながらです。

 

例の取締役会の資料を作っていました。

作りながら、

 

これって、現状だと、わたくししか作れないよな。

 

作っていた資料はいたってシンプルです。

財務諸表の纏めと、各数値の増減理由、など

 

もともとは、前任の経理部長が作っていました。

 

わたくしが引き継いだわけですが、特段、難しいところはない。

 

ですが、やはり計算して打ち込んだりするところはあるわけです。

 

明日、わたくしが交通事故にあって会社に来れなくなったら、この資料は誰も作れない

 

そんなものが、取締役会の資料であって良いことはない。

 

ですが

 

小ボスのF氏には作れない

 

もともと、こうゆうことが出来ないから、前経理部長とケンカになったわけですし。

 

かといって、わたくしの部下さんも、財務諸表の資料を作ったことはない。

 

じゃあ、どうするか。

 

サルでも作れるように、作り方を変えれば良い

 

シンプルですね

会計ソフトから出てくる財務諸表をコピーして、貼り付けるシートを作っておいて、そこに貼り付けたら自動で計算して、提出する資料が完成するように算式を組んでしまうだけ

 

部下さんを呼んで

 

わたくし: これ、作ってみて

 

部下さん: 自分、出来ないっすよ。

 

わたくし: 大丈夫。教えるから

 

部下さん: わかりました。

 

わたくし: 会計ソフトからそれぞれの書評をファイルで出して、そうそう、各々の諸表をこのファイルのそれぞれのシートにそのまま貼り付けて、そうそう

 

出来上がり

 

部下さん:....。

部下さん:えっ!こんだけ?

 

わたくし: そう、それだけ。

 

部下さん: すげー!

 

わたくし: 何も凄くないよ。仕事って

 

自分しか出来ない仕事は作らない方が良い。自分しか出来ないものを他の人も出来るようにして、初めて仕事と言えると思うんだ。

 

明日、わたくしが会社に来れなくなっても会社は回る。回さなきゃいけない。

そういう時のために、

 

自分しかわからない仕事は作らない

 

部下さん: わかりました!

 

わたくし: でも、この資料はこれで完成じゃない。今は数字の羅列でしかない。なぜ、先月から今月にかけて、これらの数字が動いたのか。それは帳簿の中を見て、各部署に聞き取りにいって、初めて見えてくる。

 

これは、自分で身につけるなきゃならないスキル

 

部下さん: わかりました!やってみます!

 

ってな感じで、やらなきゃいけないことはまだまだありそうです。

 

3. まとめ

繰り返しになりますが、

 

仕事を抱え込んだり

自分しか出来ないと自慢げに言う

 

人がいますが、わたくしから見ると

 

わたしは仕事が出来ないので、誰にも仕事を取られないように自分で抱え込んだり、自分しかわからないように誰にもやり方を教えてません

 

と言ってるように聞こえます。

 

我々はプロです。

 

例え転職活動をしていても、

 

今いる会社の利益になること

 

をやっていかなければなりません。

 

今日もお読みいただき有難うございます!

ご意見、ご質問、お待ちしてます!

修行の身ゆえ、お金は頂けません!

pro.salarymen@gmail.com

 

応援もお願いしまーす

にほんブログ村 転職キャリアブログへ
にほんブログ村


転職・キャリアランキングへ

 

仕事のミスマッチ、職場のミスマッチ、スキルを磨きたい、キャリアを上げたい!

そんな貴方の強い味方

プロのサラリーマン育成所 所長の阿部でした!

 

 

 

 

 

仕事のミスマッチ

職場のミスマッチ

スキルを上げたい

キャリアを上げたい