仕事が合わない、会社が合わない、スキルを磨きたい、キャリアを上げたい!そんな貴方の強い味方。プロのサラリーマン育成所

併せて転職16回。プロのサラリーマンである我々が迷えるサラリーマンを救います。仕事が合わない、職場が合わない、こんなはずではなかった、高みを目指したい、スキルを磨きたい、キャリアを上げたい!そんな悩みや苦悩をお持ちの方。先ずはご相談ください。

<未払い賃金>仮眠は労働時間 170万円支払い命令 Yahooニュースより(2本目)

仕事のミスマッチ、職場のミスマッチ、スキルを磨きたいけどやり方がわからない、キャリアをあげたいけど、やり方がわからない

そんな貴方の強い味方、プロのサラリーマン育成所 所長の阿部です。

 

PV伸びないので、本日はもう1本(笑)

 

ご紹介したいニュースはこちら!

<未払い賃金>仮眠は労働時間 170万円支払い命令 千葉

headlines.yahoo.co.jp

 

毎日新聞さんの記事ですね。

2本目なので、軽くにしておきます。

 

仮眠時間が労働時間に含まれるかは、法律の解釈や労働環境、裁判所の判断など色々あるので、良いか悪いかに触れるつもりはないのですが、一応、この裁判は

 

仮眠や休憩が労働時間になるかは、労働者が会社の指揮命令下にいたかどうかによる」と指摘。その上で男性の仮眠や休憩時間について「男性は仮眠室での待機や警報に直ちに対応することを義務づけられており、会社の指揮命令下に置かれていた」などとして、労働時間と認定

 

ということになったようです。

 

このニュースで気になったのが、

 

日本の会社って、始業時刻前にラジオ体操やったり、朝礼やったりする会社、結構あるよなー

 

ということ。

たしか、これも裁判で

 

会社の制服に着替える時間も就業時間に含まれる。

 

会社の指示で会社の指定する制服に着替えるのであれば、それは就業時間に含まれますよね。でも、

 

タイムカードは制服を着てから押しなさい!

 

という会社があったり、

 

始業時刻は9時だけど、朝礼が8時30分からだから、朝礼前の8時20分には出社しなさい

 

とか。いや・・・

 

始業時刻9時やん!

 

8時20分からの40分、サービス残業・・・

が今の日本の会社の現状ですよね。

 

わたくしが勤めていた会社にも同じように

始業時刻前に朝礼をやる会社

お昼も電話番のために、外食を認めない会社

 

なんかがありました。

こうゆうの

 

ベンチャー外資系ではほとんどお見受けしません。

 

合理的じゃないですよね。

 

これも、わたくしが常々言う

 

会社が社員に甘えている

 

ことなんだと思うんですよ。

これくらい、いいだろ。みんなやってるんだし。

 

みたいな、ね。

 

完全な私見ですが、

 

こうゆう社員に甘える会社は、たいがいロクなもんじゃない

 

社員を想い、会社を想ってる社長は

社員にも厳しいが自分にも、会社にも厳しい。

 

因みにですが、

 

朝に書いている大ボス小ボスの会社は

始業時刻前朝礼があって、そこで社訓を全員で復唱してました(汗)

いま、思い出しても冷や汗もんです。

自分には合ってません(笑)。

 

そういうことをやってる会社に勤めていることをどうこうは言えませんが、

 

それは決して当たり前のことではない。

 

ということは知っておいた方だ良いかもしれません。

 

グローバルスタンダート的にはナシ

 

です。

以上、プロのサラリーマン育成所 所長の阿部でした!