サラリーマン達のコンサルタント The Professional Salarymen

併せて転職16回。サラリーマン達のコンサルタントもしています!

新人よりタチが悪い “5年目の甘チャン”蘇らせる3つの方法 Yahooニュースより

仕事のミスマッチ、職場のミスマッチ、スキルを磨きたいけどやり方がわからない、キャリアをあげたいけど、やり方がわからない

そんな貴方の強い味方、プロのサラリーマン育成所 所長の阿部です。

 

今日も、Yahooニュースから1つ人事関連のニュースに私見を交えてお届けしたいと思います。

 

今日も、韓国の大統領人事関連が多く、面白い人事関連のニュースがなかなか見当たらなかったのですが、

 

本日は、こちら!

headlines.yahoo.co.jp

 

はっきり言います。

 

記事の中身はどうでもいいです(笑)

 

さすがゲンダイさんと言うべきか、内容ウッスイなーて感じです。

ただ、

 

2・8・2の法則

 

が書かれていたので、取り上げました。

記事の中に

 

一般にデキの悪い社員は2割とされるが

 

と書かれてますが、これってその通りという統計が出てます。

 

働きアリの法則

 

とも言いますが、人間は

 

良く働く人グループの人数:2割

普通に働く人グループの人数:6割

さぼる人グループの人数:2割

 

と言われています。

で、更に面白いのが、この「さぼる人グループ2割」をクビにしたとします。

すると、

 

残った8割の人が、また

 

良く働く人グループの人数:2割

普通に働く人グループの人数:6割

さぼる人グループの人数:2割

 

になるということらしいんですね。

 

永久循環じゃん!

 

ってことになるんですが、統計上事実らしいので仕方ありません。

 

では、どうすべきか。

 

....。

.......。

...........。

 

2割はサボると割り切るしかない!

 

ってことですかね。

だって、良く働く人グループの2割だけ残したとしても、その2割がやっぱり

 

良く働く人グループの人数:2割

普通に働く人グループの人数:6割

さぼる人グループの人数:2割

 

になっちゃうんですよ。

もう、割り切るしかないっすよね。

 

でも、我々プロのサラリーマンはいつ、どんな状況に於いても

 

良く働く人グループ

 

に居続けなきゃいけません。

会社がリストラする時は、まず間違いなく

 

さぼる人グループ

 

からクビを斬られます。

で、足りなければ

 

普通に働く人グループ

 

からも斬られます。

勘違いしちゃいけないのは、

 

斬られないために良く働くグループにいるわけじゃない

 

ってことです。

プロのサラリーマンとして

 

自分の出処進退は自分で決めることが出来る状況

 

に居るべきです。

リストラしたからといって、必ず会社が生き残れるわけじゃない。

その時、会社に残っても会社がつぶれたら同じことです。

 

その時の状況で、動くか、残るか。それを自分で決められるようにするには

 

良く働くグループにいる

 

ことが大事です。

そして、良く働く人グループにいるからこそ、

 

スキルを磨き、キャリアも上げられる

 

のです。

斬られないために良く働くのは、会社にしがみ付いているのと同義になってしまいます。会社に命運を左右されてしまいます。

 

そうではなく、

 

自分で生きて行くために、やるべきことをやる!それはつまり、良く働くグループに必然的に入っている

 

ということです。

 

ただね、

 

良く働くグループって書いてますけど、

意味合い的には

 

永い時間働くではなく、会社に利益をもたらす

 

って意味です。

その辺もおいおいお話しますねー。

 

 

以上、プロのサラリーマン育成所 所長の阿部の私見でした!

 

ご質問、ご意見、お待ちしてます!

pro.salarymen@gmail.com