サラリーマン達のコンサルタント The Professional Salarymen

併せて転職16回。サラリーマン達のコンサルタントもしています!

転職失敗!白熱!小ボスとの初バトル!

仕事のミスマッチ、職場のミスマッチ、スキルを磨きたいけどやり方がわからない、キャリアをあげたいけど、やり方がわからない

そんな貴方の強い味方、プロのサラリーマン育成所 所長の阿部です。

 

かなり、カッチーンと来ました。

今までに会ったことがない

 

チョー高圧的

 

なキャラクターに遭遇です!

アニメや漫画にしかいないようなキャラクター。今までに数々の会社で多くの上司や同僚と仕事をしましたが、ここまでの人は初めて

 

負けてはいられない!

 

わたくし: いや、失礼ですが、Fさんはまだ、わたくしの直属の上司と決まってませんよね?わたくしは元々、〇〇さんの下で(辞めた管理部長)働くよう内示を頂いていました。誰の指示命令で業務を行うのか、人事に確認を取らせて頂きます。

 

F氏: そんなの僕に決まってるじゃないですか!

 

わたくし: それは誰の指示ですか?わたくしは聞いていません。

 

F氏: .....。

 

わたくし: そもそも、経理部長を差し置いて、課長が取締役会で数字の説明をする理由がわかりかねます

数字の根拠はわかります。ですが、全社的な数字の正当性に、わたしの職制では責任がとれません。わたしが間違った見解を述べても、Fさんが責任を取ってくれると仰るなら、問題はないですが。

 

F氏: そんな責任持たないよ。君が出席して説明するんだから、君の責任だよ。

 

わたくし: ですから、なぜ課長のわたくしが全社的な数字の責任を取らなくてはならないんですか。おかしくないですか?

 

F氏: 僕は、取締役会に出席しないんだから、しょーがないじゃないか。

 

わたくし: なぜ、部長が出席なさらないんですか?資料作りはわたくしも手伝いますし、出来ますよ。

 

F氏: 君が資料作って、出席して、説明すればいいんだよ!

 

心の声: ダメだラチがあかない。

 

わたくし: 申し訳ありませんが、人事部長にも指示命令系統も含めて確認して、またあらためてご連絡します。

 

F氏: ツー、ツー、ツー

 

切ったよ!

ある意味スゲーな、こいつ

 

前の席で聞いていた東京本社の経理部長

 

経理部長: かなり熱くなってたね。どうだった?

 

わたくし: いやー、 想像以上の人でしたー。こんな人、居るんですねー。

 

経理部長: いや、でもさ。あんまりケンカしない方が良いよ。どうせ絡むんだし、俺は公認会計士だからケンカしても負けないけど、阿部さんは職制も下だからあとあと厄介だと思うよ。

 

心の声:....。

心の声............。

心の声:

 

誰のせいこんなことになってるんだよ!

しかも、そういうアドバイスは先に言えよ!

 

次回予告ー!

「根回し!」

 

この話はノンフィクションであり、会社もF氏も存在します。

 

質問、相談はメールで直接どうぞ!

pro.salarymen@gmail.com

 

応援もお願いします!

にほんブログ村 転職キャリアブログへ
にほんブログ村


転職・キャリアランキングへ

 

 

#転職

#転職失敗

#プロ

#サラリーマン

#キャリアアップ

#スキルアップ